アメリカの世代 1950年代「ビート」ジェネレーション・ジャック・ケルアックが提唱 1920年代「ロスト」ジェネレーション ヘミングウェイのエピグラフ 世代順「サイレント世代」「ベビーブーマー」「ジェネレーションX」「ミレニアルズ」

591AZecwvg
アレン・ギンズバーグやジャック
・ケルアックといった、1950年代
に活躍したアメリカの作家を
◯◯◯ジェネレーションという?
ローク
ビイル
バッム
ビート(答)
「ビートジェネレーション」

1036YLLnglGdng
次のアメリカ社会を分類する時に
用いられる世代の区分を
生まれたのが早い順に選びなさい
サイレント世代
ベビー・ブーマー
ジェネレーションX
ミレニアルズ

ビート・ジェネレーション(英: Beat Generation)は、1955年から1964年頃にかけて、アメリカ合衆国の文学界で異彩を放ったグループ、あるいはその活動の総称。ビートニク(Beatnik)と呼ばれる事もある。生年でいうと、概ね1914年から1929年までに生まれた世代に相当する。
>「ビート・ジェネレーション」という語は、1948年前後に「ニューヨークのアンダーグラウンド社会で生きる非遵法者の若者たち」を総称する語として生まれた。1952年にニューヨーク・タイムズ誌に掲載された、小説家のジョン・クレロン・ホルムズのエッセイ『これがビート・ジェネレーションだ(This is the Beat Generation)』と、彼の小説『ゴー(Go)』が、この語が一般のメディアに出た最初で、この言葉を思いついたのはジャック・ケルアックだといわれる。
vviqONx
引用元:ビート・ジェネレーション – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

失われた世代(うしなわれたせだい)、ロストジェネレーション(Lost Generation)とは
1920年代から1930年代に活躍したアメリカ合衆国の作家の一群。広義では、欧米諸国で第一次世界大戦に遭遇して、従来の価値観に懐疑的である世代も指す。→本項で解説。
1990年代以後の南アフリカ諸国において学校教育を受けずに犯罪を繰り返す青年が社会問題となり、それらの青年を指して呼んだ。
日本の1950年代の太陽族世代や1990年代のバブル崩壊以降の就職氷河期世代の別称。
文学史における失われた世代(英:Lost Generation)とは、1920年代から1930年代に活躍したアメリカ合衆国の小説家を指す語である。広義では、欧米諸国で20代の時に第一次大戦に遭遇して、従来の価値観に懐疑的になった世代も指す。生年で見ると、1880年代中期から1890年代までに生まれた世代(1883年 – 1900年生まれ)とされる。
>「ロストジェネレーション」という言葉は第一次大戦後の1920年代にパリに滞在していたアーネスト・ヘミングウェイに対しガートルード・スタインが投げかけた台詞(You are all a lost generation. あなたたちは皆、失われた世代なのよ。)に由来し、酒や享楽に溺れる「自堕落な世代」を意味していた。ヘミングウェイがこの台詞を「日はまた昇る」のエピグラフに引用し広く知られるようになった。
引用元:失われた世代 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E4%B8%96%E4%BB%A3