島根県「津和野町」山陰の小京都 岐阜県「高山」飛騨の小京都 鹿児島県「知覧」薩摩の小京都 

487mcrSJVv
「山陰の小京都」と称される
この島根県の町は◯◯◯町?
(画像出題)
つわの(答)
「津和野町」

RKZVdwX
湯河原
高山
知覧
津和野
宿場町
市場町
城下町
小京都(答)
現在、湯河原町は「小京都」の名称を使わないようにしたようです。

津和野町(つわのちょう)は、島根県の南西に位置する町。
>明治維新前には津和野藩亀井氏の城下町であり、山間の小さな盆地に広がる町並みは、「小京都」の代表格として知られているほか、津和野駅はSLやまぐち号の終着駅でもあり、山口市・萩とセットで訪れる観光客が多い。
また、在日米軍基地のある岩国市からも車で訪れることが出来るため、基地職員や米軍兵士などといった外国人観光客も比較的多く見られる。
幕末期以降の廃仏毀釈と、長崎から配流されてきたキリシタンへ、改宗の強要が実施された歴史(浦上四番崩れを参照)があるほか、文豪森鴎外の出生地としてもしられている。
引用元:津和野町 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E5%92%8C%E9%87%8E%E7%94%BA

湯河原町(ゆがわらまち)は、神奈川県南西部にある町。湯河原温泉で有名な温泉町としてよく知られている。東海道本線が通る。古くから文豪、画家など多くの作家が逗留し創作の筆を執った。
引用元:湯河原町 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E6%B2%B3%E5%8E%9F%E7%94%BA

「さがみの小京都」のキャッチフレーズでまちづくりを進めてきた湯河原町が、今後は町として「小京都」の文字を使わないと決めた。観光団体などで構成する町観光戦略会議で「『小京都』は現状と合わない」「意識改革が必要」などの声が上がったことがきっかけ。新たに掲げる将来像は「湯けむりと笑顔あふれる四季彩のまち 湯河原」。2011年度から10カ年の新総合計画に明記した。
引用元:湯河原町が「小京都」のれん返上、そぐわないという声根強く/神奈川|カナロコ|神奈川新聞ニュース http://www.kanaloco.jp/article/25358

知覧町(ちらんちょう)は、鹿児島県薩摩半島の南部中央に存在した町で、川辺郡に属していた。2007年12月1日に川辺郡川辺町、揖宿郡頴娃町と合併し南九州市となった。
武家屋敷が残っており、「薩摩の小京都」と呼ばれる。
引用元:知覧町 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E8%A6%A7%E7%94%BA

高山市(たかやまし)は、岐阜県飛騨地方に位置する市である。市町村面積は全国で一番広い。
>高山市の中心市街地には江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されており、その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれている。観光ガイドでは飛騨高山と記され、全国各地から毎年非常に多くの人が観光に訪れる。また、最近は、「日本の原風景を残す街」として紹介され、日本国外からの観光客も増加している。仏ミシュランの実用旅行ガイド「ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」では必見の観光地として3ツ星を獲得している。また、2009年3月発行の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009」、2011年3月発行の同グリーンガイド第2版においても3ツ星を獲得している。
引用元:高山市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%B8%82