「リヤド・ヒジャブ」 就任直後にアサド政権から離脱したシリアの元首相

091jESiHBI
2012年6月にシリアの首相に
就任するも、その約二ヶ月後に
政権からの離脱と反体制派への
加入を表明した政治家は?
・リブヤヒジドャ
リヤド・ヒジャブ(答)
Riyad Farid Hijab

[アンマン 6日 ロイター] シリアのヒジャブ首相は6日、アサド政権から離反し、国外へ脱出した。これまで離反した中で、最高位の政権要人となる。

イスラム教スンニ派に属するヒジャブ首相の離反は、アラウィ派が中枢を占めるアサド政権の支配力をすぐに弱めるものではないが、政権内で亀裂が生じていることを示唆している。

ヒジャブ氏は、中東の衛星テレビ局アルジャジーラを通じて声明を発表し、「殺りくとテロリストの体制から離脱し、自由と尊厳の革命に参加したことを表明する。本日からこの聖なる革命において一介の戦士である」と述べた。
シリア首相が離反、アサド政権内の亀裂を露呈 | Reuters

Riyad Farid Hijab (Arabic: الدكتور رياض فريد حجاب‎), born 1966) is a Syrian politician. He was Prime Minister of Syria from June to August 2012, serving under President Bashar al-Assad. From 2011 to 2012, he was Minister of Agriculture.
>On 6 August 2012, the Syrian government released a statement saying that Hijab had been dismissed.[2] Shortly thereafter[3] a man describing himself as Hijab’s spokesman and several news organizations stated he had resigned and defected to the rebel side in the Syrian civil war. Information minister Omran al-Zoub’s later remarks about “the flight of some personalities” were interpreted by The Guardian as referring to Hijab.[4] Hijab is the highest ranking defector from the Syrian government.[5]
Riyad Farid Hijab – Wikipedia, the free encyclopedia