沖縄県の島面積順「沖縄本島」「西表島」「石垣島」「波照間島」

153QTQdTSu
次の沖縄県の島を
面積が大きい順に
選びなさい
沖縄本島
西表島
石垣島
波照間島

沖縄島(おきなわじま)、または沖縄本島(おきなわほんとう)は、沖縄県を構成する160の島の中で最大の島であり[9]、また東シナ海と太平洋の間に位置する南西諸島においても最大の島である。
>面積 1,206.93 km2
>沖縄県の政治、経済の中心となる島で、同県の41市町村の内、県庁所在地の那覇市を含む26の市町村がある。また、県の人口約140万人の内、およそ9割に当たる約129万人の人口を有している。
沖縄本島 – Wikipedia

西表島(いりおもてじま)は、沖縄県八重山郡竹富町に属する島であり、八重山諸島最大の島である。
>面積 289.61 km²
>面積289.61km²[1]、周囲130.0km[2]の島で、日本第12位、沖縄県内では沖縄本島に次いで面積第2位である[3]。2005年度国勢調査に基づく人口は2,347人[2]。八重山諸島では最も大きいが、山がちで平地に乏しい。名称については西の表で、表は石垣島の於茂登岳を指し、於茂登岳の西にある山の意とも言われる。また、古くは古見島も使われたとも[4]。
西表島 – Wikipedia

石垣島(いしがきじま)は、沖縄県石垣市に属する島で、沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島である。日本全体では、本土と沖縄本島を含め、熊本県上天草市・天草市に属する天草上島に次いで 21番目の面積を持つ[1]。人口は約4万5千人。
>面積 222.18 km²
>石垣島は八重山諸島の政治・経済・教育・交通などの中心地で、県庁所在地である那覇市との距離は南西に410km以上離れており、その距離は東京から岐阜間に相当する。逆に台湾とは概ね270kmしか離れておらず、地理的には日本のほとんどの地域よりも台湾に近い場所に位置している。
石垣島 – Wikipedia

波照間島(はてるまじま)は、沖縄県の八重山諸島にある日本最南端の有人島である。面積12.73km²[1]、人口542人(2009年3月31日現在 住民基本台帳による)。
>面積 12.73 km²
>八重山方言では「我らの島」を意味する「ベスマ」と呼ばれ、現地でもこの呼び方を使うことがある。 波照間という表記は当て字であり、「果てのうるま」(「うるま」は、琉球、または珊瑚礁の意味)に由来するという説が一般的である。これに対して、金関丈夫はインドネシア系言語であるアミ語(台湾のアミ族の言語)で「沖の島」を「ボトル」と呼ぶことと関係があるのではないかとの説を唱え、宮良当壮と論争になった[2]。
島の成因は隆起珊瑚礁であるが比較的起伏が大きく、中央部には標高60mに達する地点もあり、この付近に灯台が立つ。
主な産業はサトウキビ栽培と製糖である。また、島内の酒造所では、泡盛の中でも、製造量が少なく入手困難なことで有名な「泡波」という銘柄を生産している。
波照間島 – Wikipedia