グアラニー語を公用語する国「ボリビア」「パラグアイ」 インドの公用語「コーンカニー語」「ウルドゥー語」「マラヤーラム語」「ネパール語」「タミル語」 ゴロ「こーんなにうまいねた」

108MGLojHp
次のうち、グアラニー語を
公用語とする国を全て選びなさい
パラグアイ(答)
コロンビア スペイン語
ボリビア(答)
ペルー スペイン語
チリ スペイン語

CIMG3702wQxcHCw
次のうち、インドの各地方で
公用語として使われているものを
全て選びなさい
シンハラ語 スリランカ
タミル語(答)
カルムイク語 ロシア連邦カルムイク共和国
ネパール語(答)
ウルドゥー語(答)
マラヤーラム語(答)
コーンカニー語(答)
ティビヒ語 モルディブ

インド「コーンのタネうまい」


次のうち、ルクセンブルクの公用語となっている言語を全て選びなさい
ルクセンブルク語(答)
ドイツ語(答)
フランス語(答)

CIMG4486
次のうち
アジアの国・東ティモールの
公用語を全て選びなさい
ポルトガル語◯
テトゥン語◯
タガログ語 フィリピン
マレー語 マレーシア シンガポール ブルネイ
「タウル・マタン・ルアク」東ティモールの大統領 「テトゥン語」「ポルトガル語」東ティモールの公用語 | わかればいいのに I wish I knew

グアラニー語(グアラニーご、Guaraní、avañe’ẽ), は、トゥピ語族のトゥピ・グアラニー語族に属する南アメリカ先住民の言語である。パラグアイではスペイン語と共に公用語として用いられるほか、同国人口の88%がこれを解し、地方部では住民の半数がグアラニー語のみを母語としている[2]。またパラグアイに限らず、アルゼンチンのメソポタミア地方やブラジル南西部など近隣諸国の住民の間でも用いられており、ボリビアでは他の先住民言語とともに公用語のひとつとして、アルゼンチンのコリエンテス州ではスペイン語に次ぐ第二公用語に指定されている[3]。
グアラニー語 – Wikipedia

インドの公用語の一覧(インドのこうようごのいちらん)とは、インドで話されている多数の言語を全体として眺めたときの主要言語一覧のことである。
インドには、色々な人々の集団があると共に、それらの人々が話す多様な言語がある。少なくとも30の異なる言語があり、全体で、2000前後の方言が知られている。「インド憲法」は、連邦政府の公的共通語として、ヒンディー語と英語の二つの言語の使用を規定している。連邦憲法はさらに第8附則において22の指定言語を定めているが、その公的な位置づけについては曖昧な部分が多い。各州政府は必ずしもこれらの言語からのみ行政上の公用言語を採択できないわけでもなく、また連邦政府と州政府のあいだの行政手続きや、連邦政府公務員の採用試験などの場面において使用されるのは、連邦公用語のヒンディー語(および英語)であり、この22言語と公用語との直接的関連はない[要出典]。
インドの公用語の一覧 – Wikipedia