静岡県の市東順「熱海市」「富士市」「静岡市」「浜松市」 実在する市「伊豆市」「伊豆の国市」

242amvKPyH
次の静岡県の都市を
東にあるものから順に
選びなさい
熱海市
富士市
静岡市
浜松市

103RtYXxVC
次のうち、実在する
都市を全て選びなさい
伊豆下田市
伊豆の国市(答)
東伊豆市
伊豆市(答)

vIcLlhh
静岡県/県内市町リンク集(静岡県地図版)

伊豆市(いずし)は、静岡県の伊豆半島中央部に位置し、この半島で最大の面積を占める基礎自治体である。
>平成の大合併のピーク期あたりの2004年の4月1日に、伊豆半島中北部の4町、田方郡修善寺町・土肥町・天城湯ヶ島町・中伊豆町が合併し伊豆市が発足した。
伊豆市は県の面積の4.1%を占め、現在、浜松市・静岡市・川根本町に次いで4番目に広い基礎自治体である。このように広大な面積を有しているが、深山な伊豆半島に位置するため、市域の67%は山林で占められており、可住地面積は17.3%程で[1]、人家の多くは狩野川とその支流の脇のわずかな平地に集まる。温泉と自然環境を主軸とした観光地を有している。
伊豆市 – Wikipedia

伊豆の国市(いずのくにし)は、静岡県の伊豆半島北部の市である。
>市名は一般公募で寄せられた名前をもとに決定。「伊豆の国」の名称の先行例としては、1993年に当時の韮山町に誕生したJA伊豆の国がある。しかし、「伊豆」とは本来、令制国の「伊豆国」や「伊豆半島」を指す広範囲な名称であり(広域地名)、伊豆の国市の区域だけが「伊豆」ではない(「伊豆市」も同様)。当初は市名に「国」の字が入った全国で最初の自治体と紹介されたが、成立の時点で既に東京都に国立市と国分寺市、山口県に岩国市、高知県に南国市、鹿児島県に国分市[1]が存在していたのでこれは誤りである。
伊豆の国市 – Wikipedia