「ヒラー山」マホメットが悟り 「サラート」メッカの方角へお祈り「サウム」ラマダン月に行うイスラム教徒の断食 「イード・アル=フィトル」断食後の祭り

018CYKMvwXHbv
イスラム教の開祖マホメットが
悟りを開いた山の名は◯◯◯山?
◯を答えなさい
ヒラー
「ヒラー山」

193tCxIuDlBif
イスラム教徒が1日5回
メッカの方角に向かって
お祈りすることを何という?
バマサラス
トイッーガ
→サラート

092SvJllsRchP
イスラム暦の第9月・ラマダンに
イスラム教徒がおこなう断食の
ことを何という?
ニサスヤ
ンルムウ
→サウム

ヒラー山(ヒラーさん)またはヒラーの洞窟(ヒラーのどうくつ)(英語: Hira、アラビア語: حراء‎)とは、サウジアラビアのマッカ(メッカ)の郊外、北東約5キロメートルの地点にそびえる岩山。頂上の南西側にある洞窟は、預言者ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ(ムハンマド、マホメット)に対し、神による最初の啓示が下されたところとして知られる。
引用元: ヒラー山 – Wikipedia.

サラート(礼拝、サラー、アラビア語: صلاة‎ ṣalāt, 複数形 صلوات ṣalawāt, 古典アラビア語: صلوة ṣalawah)とは、カアバ神殿の方角へ向かって祈ることで、イスラム教の五行のひとつである。ペルシア語、ベンガル語、ウルドゥー語、トルコ語、南スラヴ諸語の一部では、ペルシャ語による意訳ナマーズ(نماز)に基づいた言葉で呼ばれる(ベンガル文字: নামাজ, ラテン文字: namaz, キリル文字: намаз)。
>礼拝は1日5回行う。各礼拝は以下のようになっており、具体的な時間はその場所での日の出と日没の時間によって変わるため場所と季節の影響により時間が細かく変化する。現代では地域ごとの正確な礼拝時刻表が数日から一日刻みで精密に作られており、インターネットでも検索することが出来るようになっている。
引用元: サラート – Wikipedia.

ラマダーン(またはラマダン)(アラビア語: رمضان ‎ペルシア語: 発音:Ramazan ‎)は、ヒジュラ暦の第9月。この月の日の出から日没までのあいだ、イスラム教徒の義務の一つ「断食(サウム)」として、飲食を絶つことが行われる。「ラマダーン」を断食のことと誤って捉える人も少なくないが、ラマダーンとはあくまでもヒジュラ暦における月の名である。この断食の習慣は、624年、マッカの大規模な隊商をムハンマドが300人ほどの当時の信者全員と共に襲おうとし、それの阻止にやってきたマッカの部隊を返り討ちにできたことを神の恩寵と捉え、記念したことに始まる[1]。
>断食といっても1ヶ月間という期間を完全に絶食するわけではなく、日没から日の出までの間(=夕方以降から翌未明まで)に一日分の食事を摂る。この食事はふだんよりも水分を多くした大麦粥であったり、ヤギのミルクを飲んだりする。
旅行者や重労働者、妊婦・産婦・病人、乳幼児など合理的な事情のある場合は断食を免除されるなど、ひと口に「断食」と言ってもその適用範囲にはある程度の柔軟性と幅を持つ点にも注意が必要である。
引用元: ラマダーン – Wikipedia

サウム 【saum】
 イスラム法の定める、信徒の基本的な五つの義務の一。イスラム暦のラマダーン月(第9月)に、夜明けから日没までの間、飲食を絶って禁欲すること。断食。→イード‐アル‐フィトル
引用元: サウム とは – コトバンク

イード‐アル‐フィトル 【(アラビア)‘d al-Fitr】
 イスラム教の断食明けの祭り。イスラム暦第9月(ラマダーン)の断食明けを祝って、次のシャッワールの1日から3日まで行われる。
引用元: イードアルフィトル とは – コトバンク

古代インド仏教において
世界の中心にあるとされた山
須弥山
しゅみせん
引用元: 須弥山 しゅみせん インド仏教の聖山  | わかればいいんだけど.

イスラム教の礼拝堂モスクで
カーバ神殿の方向を示す壁に
設置されている、窪み状の
設備のことを何という?
ミフラーブ
mihrāb