「ビクトリア・ハーバー」 香港にある都市景観地 ビクトリア女王にちなむ

033hYuZIk
中国の香港島と九龍半島の
間に位置する湾は
ビクトリア・ハーバーである
◯(答)
×エリザベス・ハーバー

ヴィクトリア・ハーバー(英語:Victoria Harbour、中国語繁体字:維多利亞港、簡体字:维多利亚港)は、香港にある湾や港である。
>ヴィクトリア・ハーバーの名称は、1843年にイギリスが香港島に築いた植民地ヴィクトリア市に面し、女王ヴィクトリア(在位:1837年 – 1901年)にちなんで名付けられた。名付けられる以前は「Harbour of Hongkong(香港の港)」等と呼ばれていた。
>ネオン看板[編集]
香港島サイドの高層ビルの上部や側面を中心に、「キヤノン」や「オリンパス」、「パナソニック」や「三洋電機」などの日本企業や、「フィリップス」や「LG電子」、「ING」や「サンミゲル」などの世界各国の大企業のネオン看板が掲出されており、「100万ドルの夜景」を彩る大きな要素となっている。クリスマスシーズンから旧正月にかけて、ネオン看板の下にあるビルにもきらびやかな装飾が施され、さらに彩りを添える。
また1990年代初頭までは、香港に進出していた日本のヒサヤ大黒堂により、香港島西部に「ぢ」と書かれたネオン看板が掲出され、異彩を放っていた。
ビクトリア・ハーバー – Wikipedia

ビクトリア・ハーバーは、香港が存在する理由といっても過言ではありません。香港島と九龍半島の深海により、漁村が集まる地域だった場所は国際貿易の中心地となりました。ビクトリア・ハーバーは現在も香港の心臓部であると同時に、世界有数の都市景観でもあります。
ハーバー・ビュー | Hong Kong Tourism Board