大阪府「泉大津市」毛布の全国シェア9割超 毛布は体の下(敷ふとんの上)に敷くと良い

078TNbZbNp
国内産毛布の9割以上のシェア
を占めている大阪府の都市は
泉佐野市である
×(答)
◯泉大津市

毛布王国
全国シェア98%その底力
・暮らしに産業が溶け込んでいる、日本一の毛布のまち
 あなたが、昨夜、日本製の毛布に包まれ眠ったなら、それはたぶん泉大津で作られた毛布でしょう。
 国内で生産される毛布のほとんど、なんと98%が泉大津とその近隣地域で生まれています。
 そう、まさしく泉大津は、日本一の毛布のまちなのです。
主な産業の歴史/泉大津市ホームページ

ここで一番のキーアイテムは「毛布」。
この位置をどこにするかによって、暖かさの度合いが変わってくるのです。

もっとも「あったか効果」が低いのは、体の上に直接毛布をかけてしまうこと。
暖かい状態をつくるには、「羽毛布団を直接体に触れさせる」ことが不可欠なのです。
羽毛は体温を感知して膨らみ、保温性を高める性質があります。羽毛布団と体の間に毛布があると、この効果を遮断してしまいます。

秋口の肌寒さを軽減したいなら、体の上には羽毛布団、その上に毛布、という順番を鉄則としましょう。
mtopmpy
Twitterで話題沸騰中!毛布の使い方で変わる、布団のあったか度 | ねむりラボ