「ジンバブエ共和国」首都ハラレ ムガベ大統領の強権

343XcGkswQvRf
アフリカの国・
ジンバブエ共和国はどこ?
(画像出題)
下図参照

QPddCdKqIN
アフリカの国
ボツワナ共和国はどこ?
上図参照

ジンバブエ共和国(ジンバブエきょうわこく)、通称ジンバブエは、アフリカ大陸の南部に位置する共和制の国家である。首都はハラレ。内陸国であり、モザンビーク、ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国に隣接する[4]。2003年に脱退するまでイギリス連邦の加盟国であった。
大統領のロバート・ムガベは1980年のジンバブエ共和国成立以来権力の座についており、強権的な政治手法が指摘されている。
>正式名称は英語で Republic of Zimbabwe。通称 Zimbabwe。日本語の表記はジンバブエ共和国もしくはジンバブウェ共和国。通称ジンバブエ。漢字表記は「辛巴威」。
国名はショナ語で「石の館(家)」を意味し、ジンバブエ国内にあるグレート・ジンバブエ遺跡に由来する。かつては南ローデシアと呼ばれていた。
ジンバブエ – Wikipedia

ボツワナ共和国(ボツワナきょうわこく)、通称ボツワナは、南部アフリカの内陸に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。南を南アフリカ共和国、西と北をナミビア、東をジンバブエ、北をザンビアに囲まれた内陸国である。
首都はハボローネ。南アフリカ共和国を構成する一民族でもあるツワナ系の人々が多く住む。
>正式名称は英語で、Republic of Botswana(リパブリック・オブ・ボツワーナ)。通称、Botswana。日本語の表記は、ボツワナ共和国。通称、ボツワナ。
国名は「ツワナ人の国」を意味している。しかしながら、隣国の南アフリカ共和国にはボツワナの総人口の数倍に及ぶツワナ人が存在している。
ボツワナ – Wikipedia