政令指定都市移行順「横浜市」「川崎市」「静岡市」「堺市」「新潟市」「岡山市」「相模原市」

101247935xJHsOOmhYi
次の都市を
政令指定都市に
移行した順に選びなさい
横浜市
川崎市
静岡市
堺市
新潟市
岡山市
相模原市

CIMG6238
主に4歳以下の乳幼児に起こる
「川崎病」を初めて報告した
医師は川崎◯◯?
◯の名前をひらがなで答えない
とみさく(答)
川崎富作


次の文字列を順に選んで川崎病の正式な名前にしなさい
小児急性
熱性皮膚
粘膜リンパ節
症候群

YDQGxnGQHt
平成24年4月1日に熊本市が政令指定都市へ移行しました。 / 熊本県

政令指定都市(せいれいしていとし)とは、政令[1]で指定する人口(法定人口)50万以上の市のこと。地方自治法[2]第252条の19以下に定められた日本の都市制度の一つで、大都市に該当する。法令上は「指定都市」(同法など)または「指定市」(警察法、道路法など)と表記される。略称は政令市。2015年6月現在、全国に20市ある。
>指定都市の制度(政令市制度)は、日本の大都市等に関する3つの特例制度(当該制度のほかに中核市、特例市)のひとつであり、1956(昭和31)年に運用が開始された[3]。これに先立つ1947(昭和22)年、国は大都市が府や県から独立する制度を設けたが、権限を奪われることになる府県が猛反発、これに代えて権限の一部だけを府県から移す制度として設けられたのが政令市制度であった[4]。
>要件[編集]
地方自治法第252条の19が定める指定要件は「政令で指定する人口50万人以上の市」である。明文の要件は「人口50万人」のみであるが、総務省は「立法の経緯、特例を設けた趣旨から、人口その他の都市としての規模、行財政能力等において既存の指定都市と同等の実態を有するとみられる都市」を指定するとしており[18]、指定は国の裁量に委ねられていることから、人口50万人を越えていても指定されない市は多く、自治体からは人口50万人のみを要件とすべきとの意見も出されている[19]。
政令指定都市 – Wikipedia

総務省|地方自治制度|指定都市一覧

総務省|地方公共団体の区分|中核市・施行時特例市