日本の刑罰重い順「死刑」「無期懲役」「禁錮」「罰金」「拘留」「科料」 「未決勾留」判決確定まで勾留されていること

101227957mBkbChWRHA
次の日本の刑罰の種類を
刑が重い順に選びなさい
死刑
無期懲役
懲役
禁錮
罰金
拘留
科料

CIMG5507
日本の法律で、被疑者が逮捕
された場合、刑が確定するまで
拘束されている期間のことを
○○○○日数という?
柄未犯置拘
身勾留決束
未決勾留(答)

刑罰(けいばつ、英: Penalty,独: Strafe)とは、形式的には、犯罪に対する法的効果として、国家および地方自治体によって犯罪をおかした者に科せられる一定の法益の剥奪をいい、その実質的意義は犯罪に対する国家的応報であるとともに、一般予防と特別予防をも目的とする[1] 。広い意味では犯罪行為に科されるもの[2]。刑ないしは刑事罰ともいう。
bandicam 2015-06-26 21-53-55-666WSZgiDeHDA
>主刑の軽重は上に掲げる順序による。ただし、無期禁錮と有期懲役とでは無期禁錮を重い刑罰とし、有期禁錮の長期(当該犯罪の刑期の最長期間をいう)が有期懲役の刑期の2倍を超えるときも、禁錮を重い刑罰とする(同法10条1項)。

拘留(こうりゅう、英語:penal detention)とは自由刑の一種であり、受刑者を刑事施設に拘置する刑罰である。同音の勾留とは別である。区別するために、拘留を「テこうりゅう」、勾留を「カギこうりゅう」と読む場合がある。
1日以上30日未満(最長29日)の範囲で科される。同種の刑罰である禁錮より短期間である。しかし、禁錮と違って執行猶予を付すことはできないので、必ず「実刑」となる。刑法の規定上は「罰金より軽い刑」とされているが、刑事施設収容に伴い、必要な限度でその者の識別のための身体検査や、刑事施設の規律及び秩序を維持するため必要がある場合には、身体等の検査の措置が執られることとなる。なお、懲役刑と違って作業はないが、禁錮刑と同様、受刑者が作業を行いたいの旨の申出をした場合には、刑事施設の長は、作業を行うことを許すことができる。
拘留 – Wikipedia

勾留(こうりゅう)とは、被疑者もしくは被告人を刑事施設(刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律3条3号)に拘禁する旨の裁判官、もしくは裁判所の裁判(刑事訴訟法62条、79条などにいう「勾留」)、または、当該裁判に基づき被疑者もしくは被告人を拘禁すること(同法80条、88条などにいう「勾留」)をいう。
報道機関の中には、拘置(こうち)と表現するものもある。また、同音の拘留とは全くの別処分であるため、両者が紛らわしい場合に、勾留を「カギこうりゅう」、拘留を「テこうりゅう」と読み分ける場合がある。
英語では、必ずしも正確に対応する概念ではないが、アメリカ等で逮捕後・判決前の時期に被疑者・被告人の身柄を拘束する制度としてdetentionがある。
勾留 – Wikipedia
未決勾留(みけつこうりゅう)とは、日本の刑事手続において、犯罪容疑で逮捕されて判決が確定するまで刑事施設に勾留されている状態のことである。
「未決拘留」と書かれることもあるが、これは誤記である。
未決勾留 – Wikipedia