日本の島・東から順「南鳥島」「沖ノ鳥島」「与那国島」

0079ZbrRjlmOgK
次の島を
東にあるものから順に
選びなさい
南鳥島
与那国島
沖ノ鳥島

南鳥島と沖ノ鳥島は画像で出題されることもあるようです。合わせて覚えておきましょう。

南鳥島(みなみとりしま)は、小笠原諸島の島。本州から1,800 km離れた日本の最東端としても知られている。行政上は東京都小笠原村に属する。
日本の島としては唯一日本海溝の東側にあり、日本で唯一太平洋プレート上にある。さらには、日本の実効支配の及ぶ島では唯一、他の島と排他的経済水域を接していない島でもある。マー
カス島、マルカス島(-とう、Marcus Island)[1]とも呼ばれる。
mvwAVTbMuE
南鳥島 – Wikipedia

与那国島(よなぐにじま、方言名:渡難島/どぅなんちま)は、日本の最西端の島であり、南西諸島八重山列島の西端、日本最西端の地を擁す国境の島である。
>八重山諸島の西端、台湾の北東に位置する島。行政区分は沖縄県八重山郡与那国町。北緯24度26分58秒 東経122度56分01秒[1]に位置する西崎(いりざき)は、正式な日本の東西南北端の中で唯一、一般の交通機関で誰でも自由に訪れることができる。
与那国島 – Wikipedia

沖ノ鳥島(おきのとりしま)は、太平洋上に位置するサンゴ礁の島であり、東京都小笠原村に属する、小笠原諸島の中では最南端にして最西端の島である。
日本の領土として最も南にある島である。
東京から1,740km、硫黄島から720km、フィリピン海プレートのほぼ中央、九州・パラオ海嶺上に位置する、太平洋の絶海に孤立して形成された南北約1.7km、東西約4.5km、周囲約11kmほどのコメ粒形をしたサンゴ礁の島である。北回帰線の南に位置するため熱帯に属する。
沖ノ鳥島 – Wikipedia
oWdBsXiehd
47NEWS
PN2010070201000641.-.-.CI0003.jpg (450×263)