「ブラック・サーズデー」1929世界恐慌の株価暴落「ブラック・チューズデー」翌週の再暴落 「ブラック・マンデー」1987NY市場株価大暴落

101120JirqnvpuYg
ニューヨークで1929年に発生し
世界恐慌のきっかけとなった
株価暴落の通称は?
ブラック・フライデー
ブラック・サタデー
ブラック・サーズデー(答)
ブラック・ウェンズデー
ブラック・マンデー

この問題は、ほとんどの人は復習不要だとは思いますが、私には誤答吸引力が高い問題です。

ウォール街大暴落(ウォールがいだいぼうらく、Wall Street Crash[1][2])は、1929年に発生した株価大暴落である。その影響の広がりや期間を考慮に入れればアメリカ合衆国の歴史の中でも最大級の壊滅的な株価大暴落であった。単に株価大暴落(Stock Market Crash)、大暴落(Great Crash)ともいう。
>この株式の崩壊を表すために、「ブラックサーズデー」、続いて「ブラックフライデー」、「ブラックマンデー」および「ブラックチューズデー」の4つの段階が通常使われている。大暴落は1日の出来事ではなかったので、この4つの段階はすべて適切である。最初の暴落は1929年10月24日(木曜日)に起こったが、壊滅的な下落は28日(月曜日)と同29日(火曜日)に起こり、アメリカ合衆国と世界に広がる前例の無い、また長期にわたる経済不況の警鐘と始まりに急展開した。株価大暴落は1か月間続いた。
ウォール街大暴落 (1929年) – Wikipedia

ブラックマンデー

1987年に起こったニューヨーク株式市場の株価大暴落のこと。「暗黒の月曜日」と呼ばれる。10月19日の月曜日、ニューヨークのダウ平均が、先週末より20%以上の幅で暴落した。この下げ幅は、1929年の世界恐慌の引き金となったブラックサーズデーを上回る幅であった。この株価暴落はその後、東アジアからヨーロッパへと世界規模で波及した。にもかかわらず、各国の金融当局がしかるべき対処を行なったため、世界恐慌レベルの甚大な被害が出ることはなかった。ブラックマンデーという名称は、ブラックサーズデーに倣ってつけられたものである。
ブラックマンデー(ぶらっくまんでー)とは – コトバンク

ブラック・チューズデー
暗黒の木曜日に引き続いて起こった10月29日の株価大暴落。
1920年代に起こった米国株価の大暴落のなかでも、最も有名なのが10月24日に起こったブラック・サースデー(暗黒の木曜日)ですが、さらに翌週の火曜日にも、ニューヨーク・ダウは大幅に下落しました。この2回の暴落によって、アメリカの株式市場は壊滅的なダメージを受け、世界恐慌へと突入していきました。アメリカの株価は32年にようやく下げ止りましたが、その時の株価はピーク時の6分の1になっていたと言われています。米国政府は、株価の大暴落と世界恐慌の原因を突き止めるべく、ペコラ委員会を設立しました。その結果、銀行の不透明な取引などが白日の下にさらされ、銀行と証券業務の分離を規定したグラス・スティーガル法などが制定されました。
ブラック・チューズデーとは – 証券用語 Weblio辞書

株価大暴落(かぶかだいぼうらく)は株式市場全体で株価が突如急激に低下すること。 暴落は経済要因に加えパニックにより加速される。また投機的株価バブル(Stock market bubble)に続いて発生することが多い。
>1929年の暴落[編集]
詳細は「ウォール街大暴落 (1929年)」を参照
史上もっとも有名な暴落は1929年のウォール街大暴落であろう。怒涛の20年代に経済は急成長した。この時代はラジオ・自動車・航空機・電話・電力供給といった発明が普及した技術の黄金期であった。この時代の先陣を切ったRCAやゼネラルモータースの株価は急上昇した。金融会社もウォール街の銀行家がゴールドマンサックスなど 投資信託会社株を買い好調だった。投資家は信用取引にレバレッジを効かせて得た株式市場からのリターンに有頂天だった。1921年8月24日、ダウ式平均株価は63.9だったが、1929年9月3日には6倍以上の381.2に上昇していた。以後25年間この水準に戻ることはなかった。

>ブラックチューズデーは混迷の日であった。追加証拠金が必要となり手持ち株の現金化をせまられた投資家は売り注文に殺到した。時代の寵児だった優良株は凋落の憂き目を見た。かつて75ドルの最高値をつけたRCA株は、この日の取引開始から2時間で40.25ドルから26ドルに落ち込んだ。ゴールドマンサックスは取引開始の60ドルから終値35ドルで引けた。同様にニューヨークのファーストナショナルバンクは5,200ドルから1,600ドルに低下した[1]。2日間でダウ式平均株価は23%低下した。

>1987年の暴落[編集]
詳細は「ブラックマンデー」を参照
1980年代中期は経済における楽観主義が幅を利かせた時代である。1982年8月から頂点となる1987年8月までダウ式平均株価は776から2,722に上昇した。この株価上昇は同時期の世界の19大市場の株価を平均296%押し上げた。ニューヨーク株式市場で取引される平均株数は64,000,000株から181,000,000株に増加した[2]。

2008年の暴落[編集]
この暴落の原因は端的に言えば、サブプライムローンの破綻による金融不安で、サブプライムショックとも言われる。
>その後2008年9月15日、米証券4位(当時)のリーマン・ブラザーズの破綻と同3位のメリルリンチのバンク・オブ・アメリカによる救済合併、翌16日には、米最大の保険会社・AIGの経営危機による国営化が明らかになると金融収縮の懸念をし、アメリカは緊急経済安定化法案を議会で提出する。しかし、9月29日に下院で否決されるとダウ平均株価は史上最悪となる777ドル安をつけるなど、一気に金融信用収縮が加速する。10月1日には下院で修正案が可決されたものの、時既に遅く、その毒は欧州に回り、7日にはロシアでは株価が19%下落し、アイスランドでは対ユーロでクローナが30%下落し、同国では全ての銀行が国有化されるなど、未曽有の世界同時金融危機が本格化した。翌8日、ダウ平均株価が678ドル安をつけると、日経平均株価は翌日881.06円安(-9.62%、過去3番目/当時)と暴落した。
株価大暴落 – Wikipedia