「電車特定」区間 東京・大阪の特に利用客が多い区間の割安運賃区間

140ZizgOAJbWI
東京と大阪の特に利用客が多い
線区に設定されている、幹線
区間よりも運賃が割安になる
JRの区間は◯◯◯◯区間?
名化指車定
別列特電国
電車特定(答)
「電車特定区間」

電車特定区間(でんしゃとくていくかん)とは、 JRの旅客営業規則第78条に規定する区間である。東京付近及び大阪附近の幹線区間のうち利用者が特に多い線区・区間について、この区間内の駅を相互発着する場合、普通旅客運賃の計算において幹線区間よりも割安な対キロ賃率を適用するものと規定されている。国鉄時代は国電区間とも呼ばれていた。車両面では概ね通勤形電車が走行するエリアである(一部例外あり)。
なお電車特定区間の中心部の区間は、東日本旅客鉄道(JR東日本)東京山手線内および、西日本旅客鉄道(JR西日本)大阪環状線内(関西本線天王寺駅 – JR難波駅間・桜島線を含む)として別に指定され、それぞれの区間内各駅の相互発着については、さらに安い賃率が設定されている。
電車特定区間 – Wikipedia

(電車特定区間内等の大人片道普通旅客運賃)
第78条
次の各号に掲げる区間内相互発着の場合の大人片道普通旅客運賃は、第77条の規定にかかわらず、当該各号の定めによつて計算した額とする。
(1)第86条第1号に掲げる図中の太線区間(以下「東京山手線内」という。)及び同条第5号に掲げる図中の太線区間(以下「大阪環状線内」という。)の駅相互発着の場合
イ 東京山手線内相互発着の場合
次に定める賃率によつて第77条第1項第1号及び同条第2項の規定を適用して計算した額と、その額に100分の8を乗じ10円未満のは数を円位において切り上げた額とを合算した額
300キロメートル以下の営業キロ(第1地帯) 1キロメートルにつき 13円25銭
ロ 大阪環状線内相互発着の場合
前イに定める賃率によつて、第77条の規定を適用して計算した額
JR東日本:旅客営業規則>第2編 旅客営業 -第3章 旅客運賃・料金 -第2節 普通旅客運賃

東京・大阪の電車特定区間の普通運賃表
東京・大阪の電車特定区間(次の図の範囲)のみをご利用になる場合は、「電車特定区間の普通運賃表」をご覧ください。
山手線内・大阪環状線内(図の二重線で示した区間)のみをご利用になる場合は、「山手線内・大阪環状線内の普通運賃表」をご覧ください。
yLSAPRAyfA
gLwScxsnXp
乗車券│きっぷのルール:JRおでかけネット