「クロイツベルク」 ベルリンにある地区

049BbzReqrKRt
約13万人が居住する、ベルリンに
あるドイツ最大のトルコ人地区
クロイツベルク(答)
Kreuzberg

フリードリヒスハイン=クロイツベルク区 (ドイツ語: Bezirk Friedrichshain-Kreuzberg) はドイツの首都ベルリンの区であり、区コードは02である。人口はおよそ28万人である。2001年の区域改革により、旧東ベルリンのフリードリヒスハイン区(ドイツ語版)と旧西ベルリンのクロイツベルク区(ドイツ語版)が合併して成立した。オルタナティブ、クリエイティブな地区[2]として知られ、様々な左翼政党、とりわけ緑の党の牙城である。本区はベルリンで平均年齢が最も若い区であり、また人口密度も1平方キロメートル当たり1万3,000人と、ベルリン全12区中で他に大きく差をつけ最高である。 流行の最先端地域に数えられ、そのためにジェントリフィケーションに見舞われている。
フリードリヒスハイン=クロイツベルク区 – Wikipedia

Kreuzberg, a part of the combined Friedrichshain-Kreuzberg borough located south of Mitte since 2001, is one of the best-known areas of Berlin. Kreuzberg, colloquially also known as X-Berg, is often described as consisting of two distinctive parts: the SO 36, home to many immigrants; and SW 61, roughly coterminous with the old postal codes for the two areas in West Berlin.[1] Kreuzberg has emerged from its history as one of the poorest quarters in Berlin in the late 1970s, during which it was an isolated section of West Berlin[2] to one of Berlin’s cultural centers in the middle of the now reunified city, known around the world for its alternative scene and counterculture.[3][4]
Kreuzberg – Wikipedia, the free encyclopedia