「寛永通宝」観音寺(かんおんじ)市の銭形砂絵

650WpMMmurNGA
651pShbmoIVef
香川県観音寺市の銭絵に
書いてある文字は?
(画像出題)
かんえいつうほう(答)
「寛永通宝」

写真がわかりづらく感じます。最初は「苔」か何かと誤認しました。

銭形砂絵(ぜにがたすなえ)は、香川県観音寺市にある寛永通宝を模した巨大な砂絵である。
>縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの楕円形をしており、琴弾公園山頂の展望台からみると真円に見える。夜になるとライトアップされる。
謂れは「1633年(寛永10年)に、丸亀藩藩主の生駒高俊侯が領内を巡視することになった折、土地の人々が歓迎の気持ちを現わすため、急遽白砂に鍬を入れ一夜にして作りあげて藩主に捧げた」と伝え説明されているが[1][2]、寛永通宝が鋳造されたのは寛永13年(1636年)からであり、また高俊が巡視した事実もなく、その点でこの伝承には矛盾がある[3]。また、「1855年(嘉永7年/安政元年)に丸亀藩第7代藩主京極朗徹に見せるために造営された」説や、「もとは豊臣氏の瓢箪紋だったが、寛永10年に幕府の巡検使が来ることを知って一夜で作り変えられた」という説もあるが、決定打はない[3]。
qrWcPpWKOa
銭形砂絵 – Wikipedia