富士山と画像「富士山」山頂に雪・街からの眺め「羊蹄山」麓に広がる畑・蝦夷富士「開聞岳」海(長崎鼻?)からの眺め「薩摩富士」「タコマ富士」レーニア山「ペルー富士」ミスティ山

134gxGyvJqTYp
次の日本の山の画像と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像(山頂部に雪)───富士山
Bの画像(麓に緑の畑)───羊蹄山 「蝦夷富士」
Cの画像(麓は海)───開聞岳 「薩摩富士」

選択肢の山の画像は「◯◯富士」の画像だったのですね。
富士山ルートと海外のあやかり富士を復習します。

174mgdsoxwitfp
鹿児島湾にある、この火山島は?
さくらじま(答)桜島
85%

yPRLwRrdDV
こちらはイデシギョー本社付近からの富士山(冬)です。
私たち社員にとって富士山といえばこの姿。田子の浦から望む富士山は雄大で、でもどこか優しく、穏やかです。
晴天の日、富士山を望んだ誰もがその美しい姿に心を解されていることでしょう。
富士山と観光 – イデシギョー株式会社

hXmqTqkRRg
まず、倶知安町の八幡地域の畑に行ってみると、羊蹄山の目の前に豆畑が広がっていました。
羊蹄山と豆畑 – 定年後の田舎暮らし

oafGewdjiO
長崎鼻から見た開聞岳
開聞岳に朝焼けは見られませんでしたが 朝の優しい柔らかな光に開聞岳が浮かび上がってきました
じいちゃんの車中泊日記3:長崎鼻から開聞岳

文字パネル
アメリカ・ワシントン州にある標高4392mの山で「タコマ富士」の別名を持つのは○○○○山?
レーニア(答)
ですが、アンデス山脈の南西部分にそびえる標高5821mの山で、「ペルー富士」の別名を持つのは○○○○山?
ミスティ(答)

108NziDeXjviR
次の富士山の登山ルートを
登りの距離が長い順に選びなさい
御殿場ルート 登り11km下り8.5km
須走ルート 登り7.8km下り6.2km
吉田ルート 登り7.5km下り7.6km
富士宮ルート 登り5km下り5km

231kBKJRmwhBu
次の富士山の登山ルートを
下りの距離が長い順に選びなさい
御殿場ルート 登り11km下り8.5km
吉田ルート 登り7.5km下り7.6km
須走ルート 登り7.8km下り6.2km
富士宮ルート 登り5km下り5km
富士山『登山』距離順「御殿場ルート」「須走ルート」「吉田ルート」「富士宮ルート」 『下山』距離順「御殿場」「吉田」「須走」「富士宮」 「bivouac」ビバーク 「松浦輝夫」植村直己と共にエベレスト登頂 | わかればいいのに I wish I knew
           

富士山(ふじさん、英語表記:Mount Fuji)は、山梨県(富士吉田市、南都留郡鳴沢村)と静岡県(富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町)に跨る活火山である。標高3,776 m、日本最高峰(剣ヶ峰)[注釈 1]の独立峰で、その優美な風貌は日本国外でも日本の象徴として広く知られている。数多くの芸術作品の題材とされ、芸術面でも大きな影響を与えた。懸垂曲線の山容を有した玄武岩質成層火山で構成され、その山体は駿河湾の海岸まで及ぶ。
富士山 – Wikipedia

羊蹄山(ようていざん)は、北海道後志地方南部(胆振国北西部)にある、標高1,898mの成層火山である。後方羊蹄山(しりべしやま)として、日本百名山に選定されている[3]。
>富士山によく似たその整った姿から、郷土富士として蝦夷富士(えぞふじ)とも称される。
明治、大正から昭和にかけて後方羊蹄山(しりべしやま・こうほうようていざん)、マッカリヌプリ、蝦夷富士の呼び名が併存していた。また一部の地図にはマッカリ山(真狩山)の表記も見られた。
羊蹄山 – Wikipedia

えぞ富士とも呼ばれる美しい単独峰「羊蹄山」。羊蹄山麓では、日々の農業の営みが、”見る者を感動させる農村景観”を創り出し、また、”食する者を幸せにするたくさんのおいしい農産物”を作り出しています。
 このページでは、羊蹄山麓の農村景観と、おいしい農産物が作り出される過程やその中で利用されている様々な環境にやさしい農業技術をご紹介します。
羊蹄山麓の環境にやさしい農業・農村景観9月

また、羊蹄山の山麓には、畑が広がっています。それは、羊蹄山の火山噴出物が風化をして肥沃な土壌になっているからです。これも成層火山では役見られるものです。
>このような形は、火山をつくったマグマの性質を反映しています。富士山は玄武岩質のマグマでできているのですが、羊蹄山は安山岩質のマグマでできています。その違いが、このような山容の違いを生んでいます。
>以上のことから、富士山のマグマは粘性が小さく流れやすく、羊蹄山のマグマは粘性が大きく流れにくくなります。流れやすいマグマからできた富士山はなだらかな山容となり、富士山のマグマと比べれば流れにくいマグマからできた羊蹄山は、険しく見えます。このようなマグマの性質の違いが、山の姿の違いとして現われています。
大地を眺める No. 26

開聞岳(かいもんだけ)は、鹿児島県の薩摩半島の南端に位置する標高924mの火山。1964年(昭和39年)3月16日に、霧島屋久国立公園に指定された[2] 。日本百名山[3]、新日本百名山[4]及び九州百名山に選定されている。山麓の北東半分は陸地に、南西半分は海に面しており、見事な円錐形の山容から別名薩摩富士とも言う。所在地は鹿児島県指宿市。
開聞岳 – Wikipedia

日本各地に「富士」の名のついた山があります。例外もありますが、富士山同様に裾野を広げる美しい三角錐の独立峰が多いです。
「郷土富士」とか「あやかり富士」とも言いますが、本ホームページでは「ふるさと富士」と呼ぶことにしました。多くの人が本物の富士にあこがれながら、その実物を見ることさえ出来ず、ふるさとの山に「富士」の名をつけ、本物の富士に思いをはせたに違いありません。
ふるさとの富士TOP