女性政治家と国「ジュリア・ギラード」オーストラリア「キム・キャンベル」カナダ「ヘレン・クラーク」ニュージーランド

045qDziNYTmZR
次の女性政治家と
首相を務めた国の
正しい組み合わせを選びなさい
ジュリア・ギラード───オーストラリア
キム・キャンベル───カナダ
ヘレン・クラーク───ニュージーランド

首都「キャンベラ」に引きずられたりしませんか。私だけでしょうか?

ジュリア・アイリーン・ギラード(Julia Eileen Gillard、1961年9月29日 – )は、オーストラリアの政治家。第27代首相、オーストラリア労働党党首(2010年6月24日 – 2013年6月27日)を歴任。
1998年より代議院(下院)議員を務めている。選挙区はビクトリア州のレーラー。
>首相就任[編集]
2010年6月24日、オーストラリア労働党の緊急議員総会で対立候補不在の中、党首に選出された。これによりオーストラリア労働党初の女性党首に選出された。同日オーストラリア総督クエンティン・ブライスにより第27代オーストラリア首相に任命された[13]。これによりオーストラリアは国王・総督・首相のポストが女性で占められることになった。
政権発足後、ラッド政権時に比べ支持率が回復したことを踏まえ7月17日に代議院を解散し、8月21日に総選挙を実施。自由党との大接戦となり[14][15]、無所属議員を巻き込み多数派工作合戦の結果、同年9月7日に労働党が過半数確保に成功[16]。選挙により選出されたオーストラリア初の女性首相となり、9月15日に第2次ギラード内閣を成立させた。
2011年4月21日、訪日し菅直人首相と会談。また、東日本大震災の被災地である宮城県南三陸町を視察した[17]。
引用元: ジュリア・ギラード – Wikipedia.

キム・キャンベル(英語: Kim Campbell、本名:アヴリル・ファエドラ・ダグラス・キャンベル(Avril Phaedra Douglas Campbell), 1947年3月10日 – )は、カナダの政治家、第19代首相(在任:1993年6月25日 – 1993年11月4日)。カナダ進歩保守党所属。カナダ初の女性首相である。
引用元: キム・キャンベル – Wikipedia.

ヘレン・クラーク(Helen Elizabeth Clark、ONZ、1950年2月26日 – )は、ニュージーランドの政治家。第37代ニュージーランド首相。国際連合開発計画(UNDP)総裁。
>1981年の総選挙に労働党から出馬し初当選。住宅大臣兼環境保全大臣(1987年 – 1989年)、副首相兼保健大臣(1989年 – 1990年)、労働大臣を歴任し、野党・労働党党首(1993年 – 1999年)として活躍した。1999年11月の総選挙で労働党は勝利しニュージーランド国民党より政権を奪回。第37代ニュージーランド首相に就任し、3期連続して政権運営を担当した。選挙により選ばれた初の女性首相であり、ニュージーランドの女性首相としてはニュージーランド国民党のジェニー・シップリー(在任1997年 – 1999年)に継いで二人目である。
>2009年3月、潘基文国際連合事務総長(当時)は国際連合開発計画総裁にクラークを指名。192か国加盟の国際連合総会承認を経て、同年4月17日に国際連合開発計画(UNDP)初の女性総裁に就任。事実上、国際連合のNo.3職に就任した。
引用元: ヘレン・クラーク – Wikipedia.