「アンコールワット」当初ヒンドゥー教の寺院「スールヤバルマン2世」 「スルタンアフメト・モスク」ブルーモスク

050kYCnmPzKTC
次の建物物のうち
当初ヒンドゥー教の
寺院として建てられた
ものはどれ?
(画像選択肢)
1モンサンミシェル フランス
2スルタンアフメト・モスク トルコ
3聖ワシリー聖堂 ロシア
4アンコールワット(答)カンボジア

アンコールワット、スルタンアフメト・モスクを復習します。

CIMG3622
次の文字列を順に選んで
アンコールワットを建設した
王の名前にしなさい
スールヤ
バル
マン
2世
「スールヤバルマン2世」

CIMG7410JanRZRZjrZkr
イスタンブールにあるこのモスク
を正式名は「何・モスク」?
メフスアトタンル
スルタンアフメト(答)
「スルタンアフメト・モスク」ブルーモスク

CIMG5626
トルコ・イスタンブールの観光
名所となっている、ある色を
特徴とするイスラム寺院は何?
レッドモスク
グリーンモスク
ブルーモスク(答)
シルバーモスク

文字パネル
別名を「ポクロフスキー大聖堂」という、モスクワの赤の広場にあるロシア正教の大聖堂は聖◯◯◯◯大聖堂?
ワシリー(答)

アンコール・ワット(クメール語: អង្គរវត្ត, 英語: Angkor Wat)は、カンボジア北西部に位置するユネスコの世界遺産(文化遺産)であるアンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院建築。
サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。大伽藍と美しい彫刻を特徴としクメール建築の傑作とされ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれている。
>12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教寺院として30年を超える歳月を費やし建立される。
引用元: アンコール・ワット – Wikipedia.

モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)は、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島であり、同名の修道院がある。モン・サン=ミシェルは「聖ミカエルの山」の意で、旧約聖書にその名が記される大天使・ミカエルのフランス語読みに由来する。行政上はル・モン=サン=ミシェルというコミューンを形成する。
カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年「モン・サン=ミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった。
引用元: モン・サン=ミシェル – Wikipedia.

聖ワシリイ大聖堂(露:Собор Василия Блаженного)はロシアの首都、モスクワの赤の広場に立つロシア正教会の大聖堂。正式名称は「堀の生神女庇護大聖堂」(Собор Покрова что на Рву、詳細は#名称・記憶を参照)。
「聖ワシリー大聖堂」「聖ヴァシーリー大聖堂」「聖ワシーリー寺院」とも日本では表記される。
1551年から1560年にかけて、イヴァン4世(雷帝)が、カザン・ハーンを捕虜とし勝利したことを記念して建立した。ロシアの聖堂でもっとも美しい建物のひとつと言われる。1990年にユネスコの世界遺産に登録された。
ゲームソフト等で有名なテトリスでは、ロシア文化をイメージとした背景や音楽等がよく用いられており、聖ワシリイ大聖堂もしばしば背景画像やパッケージとして使われている。
引用元: 聖ワシリイ大聖堂 – Wikipedia.

スルタンアフメト・モスク(Sultanahmet Camii)は、トルコのイスタンブルを代表するモスクで、世界遺産であるイスタンブルの歴史地区の歴史的建造物群のひとつ。オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。設計はメフメト・アー。「世界で最も美しいモスク」と評される。
世界で唯一優美な6本のミナレットと直径27.5mの大ドームをもち、内部は数万枚のイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさからブルーモスクとも呼ばれる。
引用元: スルタンアフメト・モスク – Wikipedia.