「メラピ山」インドネシアのジャワ島にある火山 「メラピ型火砕流」 「クラフト夫妻」雲仙普賢岳

136hrHPrVppVt
「火の山」という意味がある
インドネシアのジャワ島にある
火山で、火砕流の種類の名前
にもなっているのは◯◯◯山?
ベルンア
ピメグラ
メラピ(答)
「メラピ山」

火砕流でお亡くなりになったクラフト夫妻の問題も復習します。

CIMG6557
1991年6月3日に雲仙普賢岳の
火砕流で亡くなった、妻カティス
夫モーリスのフランスの火山学者
夫妻は◯◯◯◯夫妻?
ククルン
ミートト
アライカ
クラフト(答)
「クラフト夫妻」

デジタル大辞泉の解説
ムラピ‐さん【ムラピ山】

《Gunung Merapi》インドネシア、ジャワ島中部にある活火山。標高2911メートル。ジョグジャカルタの北約30キロメートルに位置する。16世紀半ば以降、70回におよぶ噴火が確認されている。1994年には山頂部にある安山岩質の溶岩ドームが崩落し、大規模な火砕流が発生。2010年の噴火では300人以上の死者が出た。メラピ山。
引用元: ムラピ山(ムラピサン)とは – コトバンク.

ムラピ山(インドネシア語: Gunung Merapi)は、インドネシアジャワ島中央部の火山である。インドネシアでも最も活動的な火山で、ほぼ1年中噴煙を上げ、1548年以来68回噴火をしている。名称は「火の山」の意味。メラピ山とも書かれる。スマトラ島中部にも同名の火山がある。
地質学的調査から、爆発は40万年前から始まり、1万年前から活発になったとされる。
安山岩質の溶岩ドームが崩落する際に火砕流を起こすことで知られ、メラピ型火砕流と呼ばれる。同様の例としては、雲仙岳(1991年6月3日に大規模な火砕流を起こした)がある。
引用元: ムラピ山 – Wikipedia.

火砕流(かさいりゅう、pyroclastic flow、火山砕屑流)とは、火山現象で生じる「火山砕屑物の流れ」で、気体と固体粒子からなる空気よりもやや重い密度流である。「熱雲」[1]、「軽石流」、「岩屑なだれ」を含めて「高温のマグマの細かい破片が気体と混合して流れ下る現象」の総称。英語では「pyro(火の)-clastic(破片の) flow(流れ)」。
>プリニー式噴火の噴煙柱崩落 (スフリエール式火砕流)[編集]
プリニー式噴火では、固体破片とガスの混合物からなる大規模な噴煙柱が形成されるが、その混合物の密度が空気よりも大きくなると、噴出物が上昇し続けられなくなり、噴煙柱は重力崩落し流走する。この場合は火口から多方向に広がり流下することが多く、谷間を移動し遠距離に到達することもある。ヴェスヴィオ火山の噴火(79年)およびスフリエール山の噴火(1902年)が代表的。カルデラを形成する大噴火の中で、プリニー式の噴煙柱ができる場合もあると考えられている。このタイプの火砕流によって形成された堆積物中には、逆級化層理が発達することが多い。
溶岩ドームの崩壊 (ムラピ式火砕流)[編集]
マグマの粘性が高く、かつガスが効率的に抜けると、爆発的な噴火を起こさずにマグマがゆっくりと押し出されて溶岩ドームを形成するが、ガスは完全に抜けきったわけではなく溶岩の中に気泡として残っているので、ドームの一部が押し出されるなどして崩壊すると爆発的に解放されたガスとそれによって形成された破片が混合して小規模(一般に0.01km3以下)な火砕流となる。流下方向は地形などの影響で限られることが多い。このタイプの火砕流は、その堆積物の特徴からブロックアンドアッシュフローと呼ばれる。ムラピ山の噴火が代表的[7]で、雲仙岳1990年-1995年の噴火で多く発生したのもこのタイプ。ただし、溶岩ドームが火山ガスの圧力で爆発的に崩壊した時には、やや規模の大きい火砕流と火砕サージが発生することがある。
引用元: 火砕流 – Wikipedia.

小規模火砕流は通常,メラピ型,プレー型,スフリエール型の3種に区分されます.前2者は溶岩ドーム噴出に伴って発生するもので,スフリエール型はいわゆる爆発的噴火(火口から火砕物が放出される)が生じた際形成される噴煙柱が周囲の大気よりも密度が大きく周囲に崩壊して発生するものです.カルデラを形成する大規模火砕流も同様に噴煙柱崩壊で発生しますが,スフリエール型と言われるのは比較的小規模なものについて使うのが適当と思われます.
引用元: 火山Q&A.