重茂(おもえ)半島「岩手県」牡鹿(おしか)半島「宮城県」渡島(おしま)半島「北海道」男鹿(おが)半島「秋田県」夏泊(なつどまり)半島「青森県」

029kifpdnxtkkf
沿岸は三陸復興国立公園の域内
断崖絶壁が連続
本州最東端の地点がある
三陸海岸で最大の半島
絵鞆半島
積丹半島
重茂半島(答)
根室半島
50%


陸繋砂洲
内浦湾の東端を占める
南端はチキウ岬
北海道室蘭市
絵鞆半島(答)
えともはんとう

015HSsPEQRfDa
次の半島と
その半島がある都道府県の
正しい組み合わせを選びなさい
牡鹿半島───宮城県
重茂半島───岩手県
渡島半島───北海道
男鹿半島───秋田県
夏泊半島───青森県

牡鹿半島(おしかはんとう/おじかはんとう[1])は、宮城県北東部にあって、太平洋に向かって南東に突きだした半島。同半島周辺の島嶼群は牡鹿諸島と呼ばれる。
>三陸海岸の最南端に位置する。西に石巻湾を抱き、東は太平洋に面する。半島の西付け根に万石浦がある。先端は黒崎。半島全域に渡って山地であり、海岸はリアス式海岸となっている。中心地は、半島先端の石巻市鮎川地区。黒崎の東に金華山瀬戸を挟んで金華山と呼ばれる島がある。
引用元: 牡鹿半島 – Wikipedia

重茂半島(おもえはんとう)は、岩手県南東部、太平洋に面する半島。無数の入り江と半島が連続する三陸海岸の中でも最大の半島。
>半島のほとんどを緑に覆われた山地や断崖が占めるため、三陸海岸でも指折りの秘境の様相を呈する。沿岸は全て三陸復興国立公園に指定されており、高さ100mほどの断崖絶壁が連続する。その先端には本州最東端の魹ヶ崎があり、魹ヶ崎灯台と記念碑が建つ[1]。半島中心部にある月山は絶好の展望スポットであり、北は浄土ヶ浜、南は山田湾、そして東は魹ヶ崎や太平洋を一望する。
引用元: 重茂半島 – Wikipedia

渡島半島(おしまはんとう)は北海道南西部にある半島。広義には石狩湾から勇払平野にかけての石狩低地帯より西の地域をいうこともあるが、一般には寿都と長万部を結ぶ黒松内低地以南の地域を指す。
引用元: 渡島半島 – Wikipedia

男鹿半島(おがはんとう)は、秋田県西部にある日本海に突き出た半島。
>半島部の大半が男鹿市に属する。西部に男鹿三山、中央部に寒風山がそびえる。また、半島の南東部の海岸を中心に断崖が続いている。半島の付け根に八郎潟がある。かつて寒風山は海中に浮かぶ活火山の島であった。山体の成長とともに北側から米代川、南側から雄物川による土砂堆積によって2本の砂州が伸びて複式の陸繋島となり、中心部が取り残されて汽水湖である八郎潟となった。
引用元: 男鹿半島 – Wikipedia

夏泊半島(なつどまりはんとう)は青森県中央部、陸奥湾に突き出た半島。津軽半島と下北半島に挟まれた陸奥湾の中で、この半島から東を野辺地湾、西を青森湾に分断する。半島部は奥羽山脈から連なってできた夏泊山地が海岸部まで差し迫っており、沿岸は風光明媚な海岸線が広がる。
引用元: 夏泊半島 – Wikipedia