ボルネオ島最高峰「キナバル山」 タイ「プーケット島」「サムイ島」 フィリピン「ボラカイ島」「ルソン島」 マレーシア「ペナン島」 サバ州「コタ・キナバル」  インドネシア「スマトラ島」「バリ島」「ジャワ島」「ビンタン島」 「スマトラ島」大スンダ列島「メダン」「トバ湖」 

021RpWMqVT
マレーシアのボルネオ島にある
東南アジアの最高峰は
◯◯◯◯山?
バナクルン
キイガヨア
キナバル(答)
「キナバル山」

CIMG1441FTlGdiEIuSVp
マリンリゾートでも有名な
マレーシアのサバ州の州都で
「KK」という略称で
呼ばれるのはどこ?
タ・コキルナバ
コタ・キナバル(答)

096vZHZdKt
次の島を、属する国ごとに
グループ分けしなさい

インドネシアフィリピンタイ
スマトラ島
バリ島
ジャワ島
プーケット島
ルソン島

222GEBRgPhgAD
インドネシアの島
大スンダ列島に所属
中心都市はメダン、パレンバン
世界最大のカルデラ湖・トバ湖
ボルネオ島
スラウェシ島
スマトラ島(答)
ジャワ島

map
引用元: スマトラ島の観光案内|インドネシアコーナー.

CIMG8421FAPu9W7FyI6D
次のリゾートで有名な島と
属している国の
正しい組み合わせを選びなさい
サムイ島───タイ
ボラカイ島───フィリピン
ビンタン島───インドネシア
プーケット島─── タイ
バリ島───インドネシア
ペナン島───マレーシア

CIMG6546
次のうち、ボルネオ島に
領土を持つ国を1つ選びなさい
◯インドネシア
✕タイ
✕モルジブ
✕フィリピン
◯ブルネイ
✕ベトナム
◯マレーシア
✕シンガポール

CIMG1000TwCCofOOKWad
次のうち、マレー半島に
領土を持つ国を1つ選びなさい
◯ミャンマー
×インドネシア
×スリランカ
×ブータン
×シンガポール
◯マレーシア
×インド
×トンガ
「タイ」「ミャンマー」「マレーシア」

キナバル山(キナバルさん、マレー語: Gunung Kinabalu, 英: Mt.Kinabalu)は、ボルネオ島北部、マレーシア領のサバ州にある山である。標高 4,095.2mはマレーシアの最高峰である。
>キナバルとは、マレー語でキナは中国、バルは未亡人の意味。キナバル山付近には、中国の王子とその未亡人の伝説も残っている。広東の漁師兄弟が台風で遭難、当地に漂着し、現地妻を娶った後、兄がホームシックで北上航海に出たが その後音信が途絶え、現地に残された妻がこの山にのぼってマレーへ帰る船影をさがしたという伝説も伝わる[1]。実際にはアキ・ナバル(祖先の霊る山)がなまってキナバルになったという説が有力である。
>山域は、キナバル自然公園として、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。
キナバル山のあるサバ州の旗には、キナバル山が描かれている。
引用元:キナバル山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%AB%E5%B1%B1

スマトラ島(インドネシア語: Pulau Sumatera)はインドネシア共和国、大スンダ列島に属する島。スマテラ (Sumatera) とも。
>マラッカ海峡に臨み東西交通の要衝であるため、古代からシュリーヴィジャヤ王国(7世紀-13世紀)などの諸王朝(en:Dharmasraya、en:Pagaruyung Kingdom)が興った。古くはヒンドゥー教、仏教が優勢だったが、13世紀末からイスラム勢力が進出した(サムドラ・パサイ王国、アチェ王国、シアク王国(英語版))。
引用元: スマトラ島 – Wikipedia.

大スンダ列島とはスマトラ島、ジャワ島、カリマンタン島、スラウェシ島およびその周辺の島からなる列島。 インドネシア、ブルネイ、マレーシアに属する。 東にはバリ島、フローレス島などからなる小スンダ列島があり、二つを合わせてスンダ列島とよぶ。
引用元: 大スンダ列島 – Wikipedia.

オラン・ウータンやスマトラ・タイガーが生息する熱帯雨林地帯

インドネシアの西端にあるスマトラ島は、古代サンスクリット語で“黄金の島”を意味するスワナ・ドゥイパという名前で知られてた熱帯雨林地帯。全長200km、幅30km、最大深度515mを誇る東南アジア最大の湖トバ湖や景観のよいブキティンギなど多くの観光スポットを有し、絶滅危機に瀕するオラン・ウータンやスマトラ・タイガーが生息する地としても知られています。

近年では温泉や世界トップクラスのゴルフコースなども整備され、観光客から“小さな楽園”と高く評価されています。
引用元: スマトラ島の観光案内|インドネシアコーナー.

トバ湖(トバこ、インドネシア語:Danau Toba)は、インドネシアのスマトラ島北部にある世界最大のカルデラ湖である。長さ100km、幅は約30km、最大水深530mで、面積は1,000km2に及ぶ。湖中にあるサモシール島は湖面からの比高が450mある火山性のドーム(再生ドーム)である[1]。
引用元: トバ湖 – Wikipedia.

メダン(インドネシア語: Kota Medan)は、インドネシア・スマトラ島東北部に位置する都市である。北スマトラ州の州都であり、かつ、デリ・セルダン県の県庁所在地となっている。
スマトラ島最大の都市で、人口規模からいえば、ジャカルタ(首都)、スラバヤ(東ジャワ)、バンドゥン(西ジャワ)に次ぎ、インドネシア第四の都市である。面積265km²、人口約210万人。
引用元: メダン – Wikipedia.