「西川公也」にしかわこうや 第二次安倍内閣の元農林水産大臣

202ysHWOvWiHC
2014年9月に第二次安倍改造内閣
の農林水産大臣に就任した政治家
西川公也
にしかわこうや(答)

公職だから「こうや」と覚えましょう。

西川 公也(にしかわ こうや、1942年(昭和17年)12月26日 – )は、日本の政治家、衆議院議員(6期)。 学位は農学修士(東京農工大学・1967年)。 
栃木県議会議員(5期)、栃木県議会議長(第81代)、内閣府副大臣、衆議院農林水産委員長、農林水産大臣(第56・57代)などを歴任した。
>第2次安倍政権以降[編集]
2012年の第46回衆議院議員総選挙では栃木2区で福田を破り、同年12月19日に当選が告示され[4]、国政復帰を果たした(福田も比例復活)。同年、二階派の事務総長に就任した[5]。2013年より自民党の環太平洋パートナーシップ対策委員会にて委員長を務める。2014年9月の第2次安倍改造内閣で農林水産大臣に就任。現職大臣として臨んだ12月の第47回衆議院議員総選挙は栃木2区で福田に199票差で敗れるも、比例復活で6選した。同年12月20日に当選が告示され、中央選挙管理会から当選証書が授与された[6]。なお第2次安倍改造内閣の閣僚としては、辞任した小渕優子と松島みどりを含めて小選挙区で敗北した唯一の候補者である。同年12月24日に発足した第3次安倍内閣で再任されたが、政治献金問題が発覚し、責任を取る形で2015年2月23日に辞任した[7][8]。
引用元: 西川公也 – Wikipedia.