「徐世昌」中華民国第4代総統 「青天白日満地紅旗」中華民国(台湾)の国旗 「三民主義」に由来

053HQqwnYM
次の文字を順に選んで
中華民国第4代総統の
名前にしなさい



「徐世昌」

109yEOPygFKoK
このような中華民国の
国旗を何という?
(画像出題)
青旗日天紅地白満
青天白日満地紅旗(答)

徐 世昌(じょ せいしょう)は清末民初の政治家。中華民国第4代総統。字は卜五、号は菊人、東海など。引退後は退耕堂とも称した。祖籍は河南省衛輝府汲県。
引用元:徐世昌 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%90%E4%B8%96%E6%98%8C

中華民国の国旗(ちゅうかみんこくのこっき)は、青天白日満地紅旗(せいてんはくじつまんちこうき、青天白日滿地紅旗、拼音: qīngtiān-báirì-mǎndìhóngqí、チンティエン パイリー マンティーホンチー)と呼ばれる。国旗の左上に描かれている青天白日の紋章は、中華民国の国章であり、中国国民党の党章にも使われる。
>中華民国の現在の国旗は、1928年に蔣介石が中華民国南京国民政府(今日の中華民国政府の前身)を成立させた際に初めて正式に採用された。1974年から2010年までのミャンマー(当初の国名ははビルマ)国旗と似たデザインである。
青天白日滿地紅旗は青・赤・白の3色で構成されているが、これは孫文の三民主義(民族の独立、民権の伸長、民生の安定)に由来しており、青は民権主義と同時に自由を、赤は民族主義と同時に革命に身を捧げた人々の血と友愛を、白は民生主義と同時に平等をそれぞれ象徴している。同時に、青天白日の紋章は、青は空を、12本の光芒からなる白日(白い太陽)は1年の12か月と十二支、十二宮、十二刻を表し、中華民国の絶え間ない進歩を象徴している。
引用元: 中華民国の国旗 – Wikipedia.

中華民国(ちゅうかみんこく)は、東アジアに位置する民主共和制国家。通称は台湾。
アジアで2番目の共和国として[2]1912年に中国大陸に成立し、1971年まで国際連合安全保障理事会元常任理事国であった。国共内戦が終結した1949年以降は台湾島と周辺の島嶼群などを実効支配している。日本やフィリピン、中華人民共和国などと領海を接する。
議会制民主主義国であるものの、中華人民共和国の中国共産党政府と対立していることにより、中華民国を正式に国家として承認している国は多くはないが、以前国交を結んでいた国々を中心に、多くの国と国交に準じた関係を結んでいる。日本のメディアでは専ら「台湾」と表記される。
>1912年1月1日に、革命家の孫文を臨時大総統(臨時大統領)として、中国大陸を中心とする中国を代表する国家として成立した。
同年2月12日には、清朝の皇帝である愛新覚羅溥儀が退位することによって、その後袁世凱が大総統(大統領)に就任した。
>国旗は青天白日満地紅旗と呼ばれ、平等を表す白、自由を表す青、そして革命に献身した人々の血と友愛を象徴する深紅があしらわれている。
ただし台湾独立派(中国人国家の中華民国体制を解体し台湾人国家の建国を目指す人々)には青天白日満地紅旗を外来政権の旗と捉えて国旗と認めていない人もいる。
引用元: 中華民国 – Wikipedia.

チャイニーズタイペイ(繁体字:中華臺北、中華台北、簡体字:中华台北、ピン音:Zhōnghuá Táiběi; 英: Chinese Taipei; IOCコード: TPE)は、オリンピックをはじめとした国際スポーツや国際機関など国際的な場で用いられる呼称で、「中華民国」支配地域(台湾地域)を指す。
国際連合から事実上追放されるなど外交的孤立に追い込まれていく1970年代以降、台湾の「中華民国」が国際社会に参加するため妥協策として主権・国家承認問題を棚上げしたもの。「中華民国」自身が中国全土を代表するという建前により「台湾」の名称を使えない一方で、実際に「中華民国」が中国全土を実効支配していないことなどから「中華民国 (Republic of CHINA)」も国際社会で受け入れられなくなったこと、中華人民共和国が主張する「一つの中国」論との関係により「中華民国」も「台湾」も用いることができないことが背景にある。
引用元: チャイニーズタイペイ – Wikipedia.