宇宙「戦略」室 「宇宙基本法」を推進する内閣府の組織

017fAMdkXYZuB
2012年7月に内閣府に設置された
宇宙開発に関する政策を担当する
部署は「宇宙◯◯室」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
せんりゃく(答)
「宇宙戦略室」

「開発」の誤答が多かったです。
「宇宙開発戦略本部」というのもあるようです。

宇宙基本法に基づき、宇宙開発利用に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、内閣に宇宙開発戦略本部が設置されています。
宇宙開発戦略本部では、宇宙開発利用の推進に関する基本的な方針、宇宙開発利用に関し政府が総合的かつ計画的に実施すべき施策等を定める宇宙基本計画等を決定しています。
内閣府では、宇宙開発利用に関する政策の企画及び立案並びに総合調整、準天頂衛星システムの開発・整備・運用等の施策の実施等を担当しています。
引用元: 内閣府宇宙戦略室の紹介 : 宇宙政策 – 内閣府.

Q. この7月に内閣府に設置された宇宙戦略室の任務を教えてください。

 宇宙戦略室ができた背景には、 平成20年にできた「宇宙基本法」があります。この法律では、宇宙開発利用に関する我が国の政策を、産業振興、外交・安全保障、科学技術など様々な観点で、国家戦略として進めることが謳われています。それまで日本の宇宙政策は各省が独自に行い、それを一元的に管轄する官庁がありませんでした。そこで、日本の宇宙政策全般を取りまとめ、総合的かつ計画的に推進するための司令塔組織として、宇宙戦略室が内閣府に設置されました。

 我々、宇宙戦略室がまず実施すべきことは、平成25年度の宇宙関係予算の概算要求の取りまとめと、新たな宇宙基本計画の策定です。これらは、新たに内閣府に設置された有識者からなる宇宙政策委員会の委員の皆様と相談をしながら進めています。概算要求については、既に今年の春から関係府省からヒアリングを行って予算に無駄や重複がないかをチェックし、複数の省庁が連携して進めた方が効率的な事業については、それを「宇宙開発利用に関する経費の見積り方針」という形で各府省に提示し、メリハリのある宇宙予算の概算要求を主導します。特に厳しい財政事情の中で、何に重点を置くべきかを考えて、事業のより効果的・効率的な実施に努め、「メリハリのある宇宙政策」を進めていくことが、私たちの最も重要な任務の1つです。
引用元: JAXA|宇宙戦略室の役割と国主導による準天頂衛星システムの実現.

宇宙開発戦略本部(うちゅうかいはつせんりゃくほんぶ)とは、宇宙基本法に基づき2008年8月27日に内閣に設置された、総合的な宇宙開発戦略を行う政府の戦略本部のことである。
>こうした反省を基にして、内閣総理大臣の指揮の下に国が一元的に宇宙開発に取り組む必要性が提起され、これを受けて2008年(平成20年)に宇宙基本法が成立し、同年に内閣総理大臣を本部長とする宇宙開発戦略本部が内閣に設置された。
>宇宙戦略室[編集]
内閣府に設置された、官側(各省やJAXA等)の司令塔的存在となる宇宙戦略室は、宇宙開発に関する企画立案と各省の調整を行い、宇宙政策委員会に策定した宇宙開発計画を報告し、調査と審議を受ける。宇宙戦略室長は宇宙戦略本部事務局の事務局長代理を兼ね、宇宙戦略室の一部の幹部は宇宙戦略本部事務局付の事務局員でもある。