「ウェスターマーク」効果 同一環境下の異性には性的興味が少ない 「エドワード・ウェスターマーク」

016kiYCvVKTul
幼い頃から同じ環境で育った
異性に対しては性的興味を持つ
ことは少なくなるという現象を
◯◯◯◯◯◯◯◯効果という?
スーェクウターマ
ウェスターマーク(答)
「ウェスターマーク効果」

ウェスターマーク効果(ウェスターマークこうか、英:Westermarck effect)とは、幼少期から同一の生活環境で育った相手に対しては、長じてから性的興味を持つ事は少なくなる、とする仮説的な心理現象である。
この理論(仮説)は、19世紀にフィンランドの哲学者・社会学者であるエドワード・ウェスターマークが、1891年の自著『人類婚姻史』で提唱したとされているのでこう呼ばれている。reverse sexual imprinting リバース・セクシュアル・インプリンティング と呼ばれることもある。
引用元: ウェスターマーク効果 – Wikipedia.

エドワード・ウェスターマーク(Edvard Alexander Westermarck、エドヴァルト・ヴェステルマルク、1862年11月20日 – 1939年9月3日)は、フィンランドの哲学者、人類学者である。
>彼は族外婚と近親相姦のタブーについて研究し、家庭内で幼少期に一緒に育った子供たちが次第に性的感情を持つ事が少なくなっていく現象を発見した。これは現在ウェスターマーク効果と言われている。
引用元: エドワード・ウェスターマーク – Wikipedia.