大陸と山脈「北米大陸」アリューシャン山脈「アフリカ大陸」ルウェンゾリ山脈「ユーラシア大陸」エルブルズ山脈・コーカサス山脈

072AGuLyoookB
CIMG6789

次の山脈を大陸ごとに
グループ分けしなさい

北米大陸アフリカ大陸ユーラシア大陸
アリューシャン山脈
ルウェンゾリ山脈
エルブルズ山脈
コーサカス山脈
サハラアトラス山脈

コーカサス山脈から「コーカサスオオカブト」を連想しましたが、コーカサス地方には分布していないようです。

○×
アトラスオオカブトは
アトラス山脈に生息している
×(答)
巨人アトラス由来

アリューシャン山脈(Aleutian Range)とは、アメリカ合衆国アラスカ州南部アラスカ山脈(Alaska Range)の延長線にあたる山脈である。また、南西に伸びるアラスカ半島(Alaska Peninsula)の主要な山脈になっている。
山脈は次第に低くなって、点在するアリューシャン列島(Aleutian Islands)となる。この山脈内には19,122㎢の面積をもつカトマイ国立公園(Katmai National Park)がある。また、道路のない荒野が広がる。
引用元: アリューシャン山脈 – Wikipedia.

ルウェンゾリ山地は、アフリカ中部、ウガンダとコンゴ民主共和国の国境に位置する山地。小規模ながらも壮観な眺めを持つ。最高峰の標高は5109mである。ルウェンゾリの山頂付近は赤道直下にもかかわらず万年雪を冠しているが、アフリカ大陸で万年雪を戴くのはキリマンジャロ山とケニア山、そしてこのルウェンゾリだけである。ルウェンゾリ山地のほとんどは、「ルウェンゾリ山地国立公園」(ウガンダ)、「ヴィルンガ国立公園」(コンゴ民主共和国)として世界遺産に登録されている。
引用元: ルウェンゾリ山地 – Wikipedia.

アルボルズ山脈(Alburz Mountains、ペルシャ語でReshteh-Kūhhā-ye Alborz,رشته کوه‌های البرز)は、イラン北部のカスピ海を臨む山脈である。ヨーロッパ語経由でエルブルズなどと転訛して表記することもある。最高峰はダマーヴァンド山(Mt. Damavand、ペルシャ語ラテン表記でQolleh-ye Damāvand)の標高5,610mはイランで最も高い。首都テヘランは、ダマバンド山の西南西約60kmの位置にある。
引用元: アルボルズ山脈 – Wikipedia.

コーカサス山脈は、黒海からカスピ海まで東西に走る山脈。ロシア語からカフカース山脈ともよばれる。ロシアでは大カフカース山脈 (Большой Кавказ) と呼び、南の小カフカース山脈 (Малый Кавказ) と区別している。
ギリシア神話では、コーカサスは世界を支える柱のうちの一つでゼウスがプロメーテウスを鎖で繋いだ場所でもある。
引用元: コーカサス山脈 – Wikipedia.

コーカサスオオカブトは、昆虫綱コウチュウ目カブトムシ亜科に分類されるカブトムシ。3本の長い角が特徴。アジア最大のカブトムシであり、闘争心も旺盛なことから南米のヘラクレスオオカブトと並びしばしば世界最強のカブトムシとも称される[1]。
>スマトラ島・ジャワ島・マレー半島・インドシナ半島などの亜高山帯〜高山帯にかけて生息する。特に大型個体の分布は高標高に集中する。名に「コーカサス」とあるが、コーカサス地方に生息しているわけではない。(「caucasus:コーカサス」とは、古代スキタイ語で「白い雪」を意味する「クロウカシス」に由来するギリシア語で、コーカサスオオカブトの上翅にある光沢から名付けられたもの。)
引用元: コーカサスオオカブト – Wikipedia.