「レスター・サロー」 元MIT教授の米経済学者『ゼロ・サム社会』『大接戦』

069OuMrGRMuDz
著書『大接戦』
アメリカの経済学者
マサチューセッツ工科大学
著書『ゼロ・サム社会』
ロバート・マンデル
ポール・クルーグマン
ピーター・ドラッカー
レスター・サロー(答)

ゼロサム社会から「二人零和有限確定完全情報ゲーム」を連想しました

124sgwqWNxlXZi
ゲームの理論において、チェスや
将棋など、偶然に左右されない
ゲームを「二人◯◯◯◯◯◯◯◯
情報ゲーム」という?
完和全有確定零限
→零和有限確定完全
『二人「零和有限確定完全」情報ゲーム』
引用元: 『二人「零和有限確定完全」情報ゲーム』 利得の和は零 手数は有限 偶然要素なし 情報は全て既知 | わかればいいのに I wish I knew.

028RqMxrmxnRf
次のうち
経済学のシカゴ学派を
代表する人物を1つ選びなさい
ジョン・メイナード・ケインズ
ヨゼフ・シュンペーター
ジョン・ナッシュ
ミルトン・フリードマン◯
ジョージ・スティグラー◯
フランク・ナイト◯
ポール・クルーグマン
アーサー・セシル・ピグー
引用元: 「シカゴ学派」フランク・ナイト ミルトン・フリードマン ジョージ・スティグラー | わかればいいのに I wish I knew.

レスター・カール サロー
レスターカール サロー
Lester C. Thurow

国籍米国
専門経済学者
肩書マサチューセッツ工科大学(MIT)名誉教授
生年月日1938/5/7
出生地米国 モンタナ州リビングストン
学歴ウィリアムズ大学〔1960年〕卒;オックスフォード大学哲学〔1962年〕修士課程修了;ハーバード大学大学院博士課程修了
学位経済学博士(ハーバード大学)〔1964年〕
経歴1964年ハーバード大学経済学部助教授を経て、’68年からマサチューセッツ工科大学(MIT)教授、’87〜93年9月同大スローン・スクール経営大学院長。
>アメリカのリベラル派を代表する経済学者。著書に世界的ベストセラーとなった「ゼロ・サム社会」や「貧困と差別」「デンジャラスカレンツ―流砂の上の現代経済」「不平等を生み出すもの」「大接戦」「ゼロ・サム社会―解決編」「現代経済学(上下)」「資本主義の未来」「日本は必ず復活する」「富のピラミッド」などがある。
引用元: レスター・カール サロー(レスターカール サロー)とは – コトバンク.

デジタル大辞泉の解説
ゼロサム‐しゃかい〔‐シヤクワイ〕【ゼロサム社会】

《zero-sum society》経済成長が停止して資源や富の総量が一定となり、ある者が利益を得るとだれかがその分だけ不利益をこうむる社会。米国の経済学者サローの用語。
引用元: ゼロサム社会(ゼロサムシャカイ)とは – コトバンク.

Lester Carl Thurow (born 1938 in Livingston, Montana) is an American political economist, former dean of the MIT Sloan School of Management, and author of books on economic topics.
>Thurow is a longtime advocate of a political and economic system of the Japanese and European type, in which governmental involvement in the direction of the economy is far more extensive than is the case in the United States – a model that has come to be known as “Third Way” philosophy. Thurow supports a more universal patent system as a requirement for a knowledge-based economy, where governments would assess the value of infringements of intellectual property against their companies by competitors in foreign jurisdictions and allow these companies to match that.[1][2]
>The Zero-Sum Society: Distribution and the possibilities for economic change (1980).
引用元: Lester Thurow – Wikipedia, the free encyclopedia.

ロバート・アレクサンダー・マンデル(Robert Alexander Mundell、1932年10月24日 – )はカナダ人の経済学者。コロンビア大学経済学科教授(1974年―現在)
>1970年代以降は経済学界との交流を絶ち、かつての自分の学説を否定して、サプライサイド経済学が誕生する際のカリスマ的な役割を果たすこととなった[1]。
「最適通貨圏理論」の構築(「最適通貨圏理論」の父と呼ばれる)
ユーロの構築への貢献(このため「ユーロの父」と呼ばれる[2])
引用元: ロバート・マンデル – Wikipedia.

ポール・クルーグマン(Paul Robin Krugman, 1953年2月28日 – )は、アメリカの経済学者、コラムニスト。プリンストン大学教授、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授を兼任。博士論文の指導者はルディガー・ドーンブッシュ[7]。
>国際貿易理論に規模による収穫逓増を持ち込み、産業発生の初期条件に差がない国同士で比較優位が生じて、貿易が起きることをモデル化。このモデルは、自動車産業など同種の製品を作る産業が、アメリカやヨーロッパ、日本にそれぞれ存在して、互いに輸出しあっている現実を反映する[10]。
引用元: ポール・クルーグマン – Wikipedia.

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker, ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 1909年11月19日 – 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人[1]経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。
>彼の著作には大きく分けて組織のマネジメントを取り上げたものと、社会や政治などを取り上げたものがある。本人によれば彼のもっとも基本的な関心は「人を幸福にすること」にあった。そのためには個人としての人間と社会(組織)の中の人間のどちらかのアプローチをする必要があるが、ドラッカー自身が選択したのは後者だった。
ドラッカーは著書『マネジメント』で、従来の全体主義的な組織の手法を改め、自律した組織を論じ、 前書きにおいて「成果をあげる責任あるマネジメントこそ全体主義に代わるものであり、われわれを全体主義から守る唯一の手立てである」と述べている。
引用元: ピーター・ドラッカー – Wikipedia.

コメント

  1. Firework より:

    こんなに難しい問題出るんですね。答え見ても知らないことばかりです。

    • IWIK より:

      コメントありがとうございます.
      ご安心下さい、私も知らないことばかりで「わかればいいのに」です。

      せっかくこのゲームするのなら、
      「知らなければ調べて」、「忘れたらまた覚えて」
      なるべく何にでも興味関心を持って、楽しくやっていけたら良いと思います。