「コンドル」神田駿河台「ニコライ堂」「鹿鳴館」を設計したお雇い外国人 中井櫻州「鹿鳴館」命名者

103YGWRxcPCyQ
東京の神田駿河台にあるこの建物
を設計したイギリスの建築科は?
(画像出題)
コッミンル
ラドシブー
コンドル(答)
「ニコライ堂」コンドル設計
Josiah Conder

コンドルは「鹿鳴館」も設計しているようです。
CIMG9123XvfyvHXKvZst
薩摩藩出身の武士
英国公使パークスを襲撃から守る
滋賀県知事、京都府知事を歴任
鹿鳴館の名付け親
樺山資紀 かばやますけのり
大山巌 おおやまいわお
栗本鋤雲 くりもとじょうん
中井櫻州(答)なかいおうしゅう

ジョサイア・コンドル(Josiah Conder、1852年9月28日 – 1920年6月21日) はイギリスのロンドン出身の建築家。お雇い外国人として来日し、政府関連の建物の設計を手がけた。また工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の教授として辰野金吾ら、創成期の日本人建築家を育成し、明治以後の日本建築界の基礎を築いた。
のちに民間で建築設計事務所を開設し、財界関係者らの邸宅を数多く設計した。日本女性を妻とし、河鍋暁斎に師事して日本画を学び、日本舞踊、華道、落語といった日本文化にも大いに親しみ、趣味に生きた人でもあった。
>1883年 鹿鳴館(華族会館) – 1940年取壊し
>1891年 ニコライ堂(重要文化財)実施設計のみ。原設計はロシアのミハイル・シチュールポフ(Michael A. Shchurupov)
引用元: ジョサイア・コンドル – Wikipedia.

ニコライ堂(ニコライどう、英語: Nicholai-do)は東京都千代田区神田駿河台にある正教会の大聖堂。「ニコライ堂」は通称であり、日本に正教会の教えをもたらしたロシア人修道司祭(のち大主教)聖ニコライにちなむ。
正式名称は「東京復活大聖堂」[1](英語: Holy Resurrection Cathedral in Tokyo[2])であり、イイスス・ハリストス(イエス・キリスト)の復活を記憶する大聖堂である。
>聖ニコライの依頼を受けたロシア工科大学教授で建築家のミハイル・シチュールポフ(Michael A. Shchurupov)が原設計を行った。お雇い外国人として来日し民間の建築設計事務所を開いていたジョサイア・コンドルが実施設計を担当、建築工事は長郷泰輔が請負い施工は清水組(現・清水建設)が担当した[10]。シチュールポフの原設計とコンドルの実施設計の間にどれほどの改変が行われたのかについては未だ不明である[11]。
引用元: ニコライ堂 – Wikipedia.

鹿鳴館(ろくめいかん)は、国賓や外国の外交官を接待するため、明治政府によって建てられた社交場である。鹿鳴館を中心にした外交政策を「鹿鳴館外交」、欧化主義が広まった明治10年代後半を「鹿鳴館時代」と呼ぶ。当時の極端に走った欧化政策を象徴する存在でもあった。
建物は後に華族会館となり、1940年(昭和15年)に取壊された。
>設計はお雇い外国人のジョサイア・コンドルで、施工は土木用達組が担当した(大倉喜八郎と堀川利尚との共同出資で設立した組織。大倉喜八郎が創立した大倉組商会の建設部門は大成建設株式会社の源流である)。
引用元: 鹿鳴館 – Wikipedia.

中井 弘(なかい ひろし / ひろむ[1]、天保9年11月29日(1839年1月14日) – 明治27年(1894年)10月10日)は、日本の武士(薩摩藩士)、外交官、政治家である。号は桜洲(桜州山人)。別名:横山休之進、鮫島雲城、後藤休次郎、田中幸介、中井弘蔵。書家としても知られる。鹿鳴館の名付け親でもある。著書に『合衆国憲法略記』『西洋紀行航海新説』『魯西亜土耳其漫遊記程』などがある。逸話が多く、明治の怪傑、奇人、滑稽家として知られた[2][3]。
>同年3月のイギリス公使・パークス襲撃事件では、パークス一行の護衛として襲撃犯の一人・朱雀操と斬り合い、自身も頭部に傷を負いながらも朱雀の胸部を刺し、後から駆けつけた後藤に朱雀が斬られて倒れたところを首を刎ねた。パークスらを救った功績により、後藤と共にイギリス・ビクトリア女王から宝刀を贈られた。
引用元: 中井弘 – Wikipedia.