「屯鶴峯」どんづるぼう 「金剛生駒紀泉国定公園」にある奇岩群 奈良県香芝市

130pRYRyYCqRx
国定公園の一部にもなっている
奈良県香芝市にある奇岩群です
屯鶴峯
どんづるぼう(答)

すべて濁点ですね


次の文字列を順に選んで
大阪府と和歌山県と
奈良県にまたがる
国定公園の名前にしなさい
生駒
紀泉
国定公園
「生駒紀泉国定公園」

順番当て
次の文字列を順に選んで
大阪府と和歌山県と
奈良県にまたがる
国定公園の名前にしなさい
金剛
生駒
国定公園
「金剛生駒国定公園」

名称変更があり、現在は「金剛生駒紀泉国定公園」のようです

屯鶴峯(どんづるぼう)は、奈良県香芝市にある奇岩群・奇勝。
二上山の火山活動により火山岩屑が沈積し、その後の隆起によって凝灰岩が露出し、1500万年間の風化・浸食を経て奇岩群となった標高約150mの岩山。サヌカイトやザクロ石閃緑岩などの岩石が産出する。県天然記念物であり、金剛生駒紀泉国定公園の見所の一つである。
>名称の由来[編集]
灰白色の断崖が続きそれが鶴の群れに見えることから名付けられた。
遠くからながめると、松林に多くの鶴が屯(たむろ)しているように見えることから「屯鶴峯」(どんづるぼう)と名付けられた
引用元: 屯鶴峯 – Wikipedia.

屯鶴峯(どんづるぼう)

凝灰岩の奇勝(県指定天然記念物)
数千年前に噴火した二上山の火砕流が水底に堆積し、後の地殻変動や風水による侵食作用で現在の姿になった。
その名は、白い岩肌が鶴の羽のように見えることに由来する。
引用元: 地場産業・観光.

金剛生駒紀泉国定公園(こんごういこまきせんこくていこうえん)は、奈良県・大阪府の府県境の生駒山地・金剛山地一帯と、大阪府・和歌山県の府県境の和泉山脈一帯からなる国定公園のことである。
1958年(昭和33年)4月10日に金剛生駒国定公園(こんごういこまこくていこうえん)として指定(当時の面積は15,624ha)。1996年(平成8年)10月2日に和泉山脈一帯を編入し、名称も金剛生駒紀泉国定公園(こんごういこまきせんこくていこうえん)に変更された。
都心に近く自然が多く残っていることや、自然公園が多くあることなどにより、ハイキングなどで訪れる人も多い。
引用元: 金剛生駒紀泉国定公園 – Wikipedia.

金剛生駒紀泉国定公園
こんごういこまきせんこくていこうえん

大阪・奈良の府県境一帯を南北に連なる生駒、金剛両山地と、大阪・和歌山府県境の和泉(いずみ)山地からなる国定公園。1958年(昭和33)金剛生駒国定公園として指定。96年(平成8)和歌山県地区が追加指定されて現名称となった。
>生駒山地と金剛山地との間の大和(やまと)川陥没地に噴出した二上(にじょう)火山群には各種安山岩や凝灰岩の奇勝ドンヅルボー(屯鶴峰)がある。[菊地一郎]
引用元: 金剛生駒紀泉国定公園(こんごういこまきせんこくていこうえん)とは – コトバンク.