自動車「右側通行」(フランス系)アメリカ・イスラエル・フランス・オーストリア・チェコ・韓国・中国・ベトナム 「左側通行」(イギリス)ニュージーランド・日本・イギリス・オーストラリア・インド・マルタ・ジャカルタ

080tVsfkDPEdL
次の国を、自動車が
右側通行か左側通行かで
グループ分けしなさい

右側通行左側通行
ベトナム
インド
中国
日本
韓国
アメリカ
ブラジル
タイ
南アフリカ共和国

「右側通行」がフランス系、「左側通行」がイギリス系
地図にもまとめました。


次のうち、自動車が右側通行である国を全て選びなさい
アメリカ(答)
イスラエル(答)
フランス(答)
ニュージーランド 左側通行
日本 左側通行

一問多答
多答
次のうち、自動車が左側通行である国を全て選びなさい
イギリス(答)
オーストラリア(答)
日本◯(答)
インド(答)
マルタ(答)
ジャマイカ(答)
オーストリア 右側通行
チェコ 右側通行
韓国 右側通行

対面通行の区分は国の歴史によってマチマチだが、左側通行は基本的にイギリスに関係した国々が多いのが特徴。
引用元: QMA道路問bot@検定くださいさんはTwitterを使っています: "<G分>次の国を、自動車が右側通行か左側通行かでグループ分けしなさい ・右側通行→中国、韓国、ベトナム、アメリカ、ブラジル ・左側通行→日本、タイ、インド、南アフリカ共和国 対面通行の区分は国の歴史によってマチマチだが、左側通行は基本的にイギリスに関係した国々が多いのが特徴。".

前方から来る敵を迎え撃つには、利き手である武器を持つ右側に敵を回した方が都合が良く、鈍い左側が敵から遠ざかって安全なので、左側通行が原則であったということです。

では、世界はなぜ突然に右側通行が主流になったのでしょうか?

>中世あたりまで世界は左側通行だったのに、今日の諸外国のほとんどが、右側通行になっているのは、ナポレオン(1769〜1821年)が世界に右側通行を定着させたという説が一般的です。

「史上最大の交通インフラ整備を行ったのはナポレオン」といわれていて、征服した地域の交通網の開発を積極的に行ったといわれています。ナポレオンは、フランス革命まっ最中の1792年に、正式にフランス国内外の右側通行を法令にしたという記録が残っています。

実際に上の世界地図の画像でも分かるように、現在でも左側通行を採用している国々のほとんどは、ナポレオンに征服されなかったイギリスと、その植民地であることが明白で、日本もナポレオンの支配がなかった国のひとつです。
>なぜ、ナポレオンは右側通行に変えたのか?

ナポレオンが右側通行をルールにした理由として、ナポレオンが左利きだったからという説が根強く信じられています。色々調べてみると、他にもいくつか俗説があることが判りましたので、まとめて簡単に説明します。
引用元: なぜ日本の道路は左側通行なのか? 調べて分かった歴史の裏側 | ケメ子のウェブログ.

対面交通(たいめんこうつう)とは、自動車と歩行者とが対面して通行することをいう。これによって、自動車と歩行者とが相互を認識しながら通行することができるので、自動車が普及している社会においては法制化されている。
>通行区分採用の理由には様々な説がある。日本の左側通行については、江戸時代頃から武士などが左腰に差している刀が触れ合うことを避けて自然と左側通行になっていたという説や、明治政府がイギリスの制度に範をとったためとする説などがある。一方、欧州大陸諸国においては、ローマ帝国の時代には左側通行が採用されていたという記録がある。その後の右側通行については、馬車の馭者は右手で鞭を振るうので、対向する馬車に鞭を当てないために自然と右側通行になったという説や、フランス革命の際に教会の定めていた左側通行に対抗して右側通行にし、その後、ナポレオンがヨーロッパ各地を占領していったことで普及したなどといった説がある。アメリカ合衆国の右側通行は、道路行政を担当した官僚がオランダ出身だったためという説がある。しかし、どの説も決め手に欠け、なぜ左/右側通行になったのかはっきりとわかっていない。
>航空機・船舶は世界的に右側通行で統一されている。
引用元: 対面交通 – Wikipedia.