「メトロポリタン」プラザ 新生「ルミネ池袋」へ 「びっくり」ガード池袋架道橋の通称

030ubEPRpDTsG
東京・池袋の商業施設「ルミネ
池袋」の2010年3月までの名称は
「◯◯◯◯◯◯◯プラザ」?
◯を答えなさい
メトロポリタン(答)
「メトロポリタンプラザ」

540
旧メトロポリタンプラザだったが、JR東日本の子会社間による事業再編により、2010年4月1日より「ルミネ池袋」としてオープンした。
引用元: ルミネ池袋店 (LUMINE池袋店)の詳細情報.

CIMG2529
東京の池袋駅の南側にある
西武線とJR線の下を通るガード
「池袋架道橋」の通称は
「◯◯◯◯ガード」?
んっびたど
きもばりく
びっくり(答)
「びっくりガード」

247pnibbyQzMV
特に鉄道のレールを
またぐ目的で設けられた
橋のことを何という?
跨張橋横
斜道架線
→跨線橋
こせんきょう
引用元: 「ロムニーハイスアンドティスチャーチ」15インチゲージのイギリス鉄道「標準軌」1435mm「三六軌間」1067「広軌」1676 「跨線橋」鉄道線路を跨ぐ橋「スラブ軌道」コンクリ版にレール敷設 | わかればいいのに I wish I knew.

640px-Bikkuri_gādo_(west_side)_2012-08-12
引用元: ファイル:Bikkuri gādo (west side) 2012-08-12.JPG – Wikipedia.

メトロポリタンプラザ(METROPOLITAN PLAZA)は、東京都豊島区の池袋駅西口にある複合ショッピングビル。建物としての正式名称は「メトロポリタンプラザビル」。
>地上22階、地下4階建ての建物で、地下1階~10階のショッピングセンター部分が「ルミネ池袋」(旧メトロポリタンプラザ)と「東武プラザ館」になって、11階以上のオフィスタワーからなる。地下1階及び、3~7階で東武百貨店と直結している。東武プラザ館を含めないルミネ池袋だけの売り場面積は19,608m²である。
1992年6月に、東武百貨店の増床と共に「メトロポリタンプラザ」として開業。2010年4月から、地下1階~10階のファッションフロアが「ルミネ池袋」に改称している。
引用元: メトロポリタンプラザ – Wikipedia.

池袋のメトロポリタンプラザショッピングセンターは2010年3月31日(水)をもって営業を終了し、4月1日(木)より「ルミネ池袋」として新たなスタートを切る。
 JR東日本グループは2010年1月、池袋ターミナルビルのショピングセンター運営事業をルミネに移管することを発表した。「メトロポリタンプラザ」の名称を「ルミネ池袋」に変更し運営する。
 新生「ルミネ池袋」のオープンを記念して、開業イメージキャラクターに「ルミネ・フク郎(るみね ふくろう)」が就任。4月3日(土)からは、「ルミネ池袋」で買い物をすると、オープニングキャンペーンとしてルミネ・フク郎の ボールペンを各ショップにてプレゼント。なくなり次第終了となっている。
引用元: 池袋メトロポリタン営業終了、新生「ルミネ池袋」として4月1日オープン | 2010年03月31日 | Fashionsnap.com.

3月13日、午後3時頃、池袋駅のデパートで買い物があったので池袋へ行った。 午後4時頃から5時までの間約1時間をかけて買い物をし、メトロポリタンプラザ入り口及びルミネ池袋入り口、東口、北口、西口へと回って写真撮影をした。 この日は四月並みの陽気となり、人出もかなりあった。 メトロポリタンプラザ入り口から近い噴水のある広場と東口とでは東北関東大震災にあわれた方々への救済募金活動のためのライブがなされていた。

*写真はメトロポリタンプラザの一階より地下一階へのエスカレーター

ここでは①メトロポリタンプラザ入り口側の風景と②東口側の風景に分けてまとめる
引用元: 『池袋駅付近の風景?メトロポリタンプラザ入り口側の風景』 [池袋]のブログ・旅行記 by tsunetaさん – フォートラベル.

びっくりガードとは、池袋駅南端に接する鉄道橋およびその一帯の通称で、正式名称は鉄道橋が都道池袋架道橋(池袋ガード、管理番号40番)、道路が池袋南交差であるが、本項では通称であるびっくりガードと記述する。
当初は国鉄のみをガード下でくぐり、西武池袋線は100mほど北側を踏切で越えていた(池袋駅構内入り口、および、西武百貨店本館とイルムス館の間にある搬入用通路がその名残)。
>「びっくり」の由来については諸説があり、のちの時代(例えば自動車が普及した後)に追加されたと思しきものもある。
電車通過の轟音に、人が驚いたり、馬が暴れたりした。
立体交差自体が珍しく、驚いた。
一本道と思ったらガード下に交差点があって、横道からの人車に驚いた。
道幅が狭く、自動車はすれ違いが難しく、対向車が来ないかおっかなびっくり、来るとドキッとした。
排水が悪く、ガード下が池のようになっていることが多かったから。
などであり、いろはかるたの説明プレートでは轟音説が紹介されている。
引用元: びっくりガード – Wikipedia.