「プルゼニ」 ピルゼンビールで著名なチェコの都市 「ピルスナースタイル」

267yuoIXgGbCD
ピルゼンビールの
産地として知られる
チェコ西部の都市は?
プゼアルボ
ミラヘハニ
プルゼニ(答)

プルゼニ(チェコ語:Plzeň(Cs-Plzen.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]))は、チェコ共和国のボヘミア地方西部の都市。プラハ、ブルノ、オストラバに次ぎチェコ第4の都市。プルゼニ州の州都。プルゼニュの表記もあり、ドイツ語名のピルゼン(Pilsen)でも知られる。
>20世紀前半期にはヨーロッパ有数の工業コングロマリットだったシュコダ社の本拠地であった。
プルゼニで醸造されているビールはピルゼンビールと呼ばれる。ビールの醸造法であるピルスナーはこの名に由来する。ピルスナーの元祖「ピルスナー・ウルケル」が誕生したのもこの街である。
引用元: プルゼニ – Wikipedia.

ピルスナーは、チェコのピルゼン地方を発祥とするビールのスタイルの一種である。淡色の下面発酵ビールであり、ホップの苦味を特長とする。
現在、世界中で醸造されているビールの大半はピルスナースタイルである。
引用元: ピルスナー – Wikipedia.

とっさの日本語便利帳の解説
ピルスナー

プルゼニ(Plzen)▼チェコ西部の都市であり、プラハの南西九〇kmに位置し、ドイツ語名のピルゼンとしても知られる。チェコの主要な重工業都市であると共に、一二世紀以来、「ピルゼンビール(プルゼニビール)」の醸造で有名。このビールは「ピルスナー」とも呼ばれるが、プルゼニを原産地とするホップの効いた軽いラガービールである。
引用元: ピルスナー(ピルスナー)とは – コトバンク.