「斐太(ひだ)高校」 白線流しで著名な岐阜県高山市の高校 大八賀川(だいはちががわ)

250GgXijAalPm
白線流しの行事で有名な高校は
高山市にある岐阜県立◯◯高校?
斐太
ひだ(答)

岐阜県立斐太高等学校(ぎふけんりつ ひだこうとうがっこう)は、岐阜県高山市に所在する県立高等学校である。
>1886年(明治19年)5月17日開校。通称は斐高(ひこう)。「斐太」とは万葉集で飛騨国を意味することから。
>白線流し – 卒業式と同時に行われる別離の行事。卒業生が旅立つ前に友情を誓うという意味合いも持つ。川を挟んで校舎側に在校生が、対岸に卒業生が校舎に向かって立ち行事が行われる。男子の学帽の白線と女子のセーラー服のネクタイを結んで「白線」をなし、学校の前を流れる大八賀川で歌を歌いながら川面に「流す」のである。
引用元: 岐阜県立斐太高等学校 – Wikipedia.

大八賀川(だいはちががわ[1] )は、岐阜県高山市を流れる神通川水系の一級河川。
>岐阜県高山市の東部に位置する日影平山に源を発する。西に流れ、高山市大新町と高山市松本町の境界から宮川(神通川)に合流する。川幅は宮川との合流地点においてもかなり狭い。現在、高山市大島町に大島ダムの建設が進められている。この川では白線流しという行事が行われている。
引用元: 大八賀川 – Wikipedia.