日本の47都道府県に「鉄道」が走っている

034BiSFmOlvsS
日本の47都道府県の全てに
鉄道が走っている
◯(答)


2003年の沖縄都市モノレール
開通に伴って誕生した、日本の
鉄道で最も南に位置する駅は?
赤嶺駅(答)

ですが
最も西に位置する駅は?
那覇空港駅(答)

他の方の補足も兼ねてですが
「ゆいレール」が出来たので日本の都道府県全てに
現在鉄道が存在しています。

しかし、「電車」となると1つだけ走っていない都道府県が
あります。徳島県です。モノレールは電車の一部と
される為、沖縄のゆいレールは電車となりますが徳島の
JRは電化されていない為電車が走っていない事になります。
(ちなみに高知県もJRは電化されていませんが土佐電鉄が
あるので電車が走っている都道府県に入ります)
引用元: 鉄道のない都道府県はあるのですか? – 他の方の補足も兼ねてですが… – Yahoo!知恵袋.

鉄道の電化(てつどうのでんか)とは、鉄道の動力を電気にすることである。
>旅客線が非電化の県 [編集]
徳島県 – 索道以外の鉄道(四国旅客鉄道・阿佐海岸鉄道)には電化区間がなく、全国で唯一電車が自走しない。なお、過去にも一切電化された路線が存在しないため、歴史的にみても電車が自走したことのない唯一の県である。
引用元: 鉄道の電化 – Wikipedia.

沖縄都市モノレール線(おきなわとしモノレールせん)は、沖縄県那覇市の那覇空港駅と首里駅を結ぶ沖縄都市モノレールのモノレール路線である。全線が軌道法による軌道として建設されている。愛称は「ゆいレール」で、「ゆい」は琉球方言の「ゆいまーる」(「雇い回り」を語源とする村落共同労働を意味する言葉)の「ゆい」から取られたものである。
2015年現在、首里駅からてだこ浦西駅までの区間が事業中であり、2019年春に開通する予定となっている。
>沖縄都市モノレール線「ゆいレール」は、沖縄本島の玄関口である那覇空港から赤嶺経由で漫湖を渡って旭橋に抜け、旭橋からは久茂地川沿いに那覇市の繁華街である久茂地・牧志地区を抜けて国際通りを跨ぎ、国道330号を北上して古島からは環状2号線を上り首里に至る全長約13kmの跨座式のモノレール線である。この約13kmの区間をワンマン運転の2両編成の車両が約30分かけて走る。
沖縄県の交通手段は自家用車・タクシー・バスが中心であり、特に那覇都市圏では渋滞が悪化している。そこで、国、沖縄県、那覇市と沖縄都市モノレール株式会社が一体となって建設を行い、沖縄では戦後初の鉄道開通となった。切符の購入や自動改札機の通り方に慣れない利用客向けに、沖縄都市モノレールのホームページでは「利用ガイド」として乗車方法を詳説している。
引用元: 沖縄都市モノレール線 – Wikipedia.

日本における鉄道とは、狭義には鉄道事業法に基づいた国土交通省鉄道局の管轄のもとにあるものを指す。軌道法に基づいて建設されたものは法的には軌道と呼ばれ、鉄道とは異なるものであるが、一般的にはこれも鉄道と呼ばれる。鉄道事業法と軌道法の2種類があるのは、軌道法が主に道路に敷設される鉄道を対象としているからである。また鉄道事業法は旧運輸省、軌道法は旧運輸省と旧建設省の共同管轄と、管轄する省庁も異なっていた(運輸省と建設省は2001年に統合され国土交通省となっている)。
鉄道事業法や軌道法以外の法規の適用をうける鉄道もある。森林鉄道、鉱山鉄道、かつて存在した簡易軌道(←殖民軌道)がこれにあたる。
引用元: 日本の鉄道 – Wikipedia.

 だが、2003年に沖縄都市モノレール「ゆいレール」が開通した。実はモノレールは法律上、鉄道に分類される。つまり、ゆいレールの赤嶺駅、那覇空港駅(いずれも那覇市)こそが名実ともに日本最南端、最西端の駅となるのだ。
引用元: 汐留鉄道倶楽部(記事).