ロシア海軍と本部「北洋艦隊」セヴェロモルスク「カスピ小艦隊」アストラハン「太平洋艦隊」ウラジオストク「黒海艦隊」スタヴロポリ

029SuESKFXcCf
次のロシア海軍の艦隊と
その本部が置かれる都市の
正しい組み合わせを選びなさい
北洋艦隊───セヴェロモルスク
カスピ小艦隊───アストラハン
太平洋艦隊───ウラジオストク
黒海艦隊───スタヴロポリ

ロシア海軍(ロシアかいぐん、ロシア語: Военно-Морской Флот、略称:ВМФ)は、ロシア連邦が保有する海軍。旧ソ連海軍とは密接な関係があるので、ここでは一括して扱う。
>北方艦隊、バルト海艦隊、黒海艦隊、太平洋艦隊の四艦隊とカスピ小艦隊に分かれている。中国、北朝鮮の海軍に大きな影響を与えている。
人員は、約16万人(海上歩兵約1万人)であり、主力の艦艇約53隻、潜水艦約62隻、航空母艦1隻、作戦機約276機保有する。艦艇約1,000隻・約210万トン。2020年までに約4兆5,000億ルーブルを投入し近代化する予定である。軍用艦51隻、通常潜水艦16隻、戦略潜水艦8隻を表明している。
引用元: ロシア海軍 – Wikipedia.

北方艦隊(ほっぽうかんたい、ロシア語:Северный флот スィェーヴィェルヌィイ・フロート、略称:СФ)は、ムールマンスクに司令部を置くロシア連邦海軍の艦隊である。白海やバレンツ海など北極圏の防備を担当している。艦隊主力はセヴェロモルスクに置かれており、このためセヴェロモルスクは閉鎖都市となっている。
引用元: 北方艦隊 – Wikipedia.

カスピ小艦隊(カスピしょうかんたい、ロシア語: Каспийская флотилия)は、カスピ海上での作戦を目的としたソ連海軍、ロシア海軍の小艦隊(フローティラ)。カスピ小艦隊は、ソ連時代に創設されたが、ロシア帝国海軍の歴史と伝統も継承しているため、ここではロシア帝国時代も含めて述べる。
ソ連時代は余り重要視されていなかったが、ソ連崩壊後、アゼルバイジャン共和国、トルクメニスタン、カザフスタン共和国が独立して地域状況が一変し、また、カスピ海の油田の開発により同小艦隊の戦略的意義は高まりつつある。
>カスピ小艦隊は1722年11月、当時の皇帝ピョートル1世の勅令により対ペルシャ(サファヴィー朝)戦に向けてアストラハンで創設された。フョードル・アプラクシン提督指揮下の艦隊は、1722年から1723年にかけてのロシア・ペルシャ戦争で戦勝に貢献した。1796年のガージャール朝とのロシア・ペルシャ戦争でも、1804年から1813年のロシア・ペルシャ戦争でも、カスピ小艦隊はロシア陸軍のバクーやデルベント占領を支えた。
1813年のゴレスターン条約により、カスピ海の航行権がロシアに認められ、カスピ小艦隊がカスピ海唯一の艦隊となった。1867年にカスピ小艦隊の本部はバクーに移った。
引用元: カスピ小艦隊 – Wikipedia.

太平洋艦隊(たいへいようかんたい、ロシア語:Тихоокеанский Флот、略称:ТОФ)は、太平洋上での作戦を目的としたソ連海軍、ロシア海軍の艦隊である。太平洋艦隊は、ソ連時代に創設されたが、ロシア帝国海軍の歴史と伝統も継承しているため、ここではロシア帝国時代も含めて述べる。
太平洋艦隊は、北方艦隊に次いで、2番目に強力な艦隊である。現在、脆弱なインフラと財政不足のため、著しい数の戦闘艦艇が除籍を余儀なくされている。
>ウラジオストク:太平洋艦隊本部所在地
引用元: 太平洋艦隊 (ロシア海軍) – Wikipedia.