「生國魂(いくくにたま)神社」 大阪市天王寺区の神社 「生玉(いくたま)さん」

047nZTnaOJZhC
その境内には浄瑠璃神社もある
大阪市天王寺区の◯◯◯神社?
生國魂
いくくにたま(答)
「生國魂神社」

309RPqKlgWsgg
宮崎県日南市の鵜戸神宮にある
『古事記』にも登場する神宝
潮涸玉
しおふるたま
引用元: 「潮涸珠(しおふるたま)」 『古事記』の神宝 鵜戸(うど)神宮 | わかればいいのに I wish I knew.

生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)は、大阪府大阪市天王寺区にある神社。式内社で、旧社格は官幣大社。難波大社(なにわのおおやしろ)ともいう。地元では生玉(いくたま)さんの通称で親しまれている。
>伝承によれば、神武東征の際に、神武天皇が難波碕(現在の上町台地)の先端に日本列島そのものの神である生島大神・足島大神を祀り、国家安泰を祈願したことに始まるという。『日本書紀』孝徳天皇即位前紀には、天皇が難波宮造営に際して北隣する「生國魂社の樹(木)」を切ったとある。延喜式神名帳には「難波坐生國咲國魂神社 二座」と記載され、名神大社に列している。
引用元: 生國魂神社 – Wikipedia.

 生國魂神社は、石山崎(現在の大阪城付近)に生島神(いくしまのかみ)・足島神(たるしまのかみ)を祀ったのが始まりとされる延喜式名神大社である。石山合戦の時焼失したが、天正11年(1583)豊臣秀吉が大阪城を築くにあたり現在の地に移したといわれる。本殿は生國魂造と称し、神社建築上他に例のない様式であり、天正年間の豪壮な桃山文化の遺構が鉄筋コンクリート造りのいまにも伝えられている。
引用元: 大阪市 天王寺区 生國魂神社の夏祭り.