「河本和子」1989「新語・流行語大賞」の受賞者 「セクシュアル・ハラスメント」

015gPRdjRXMZD
1989年の「新語・流行語大賞」
新語部門の金賞
「セクシュアル・ハラスメント」
受賞者となった女性弁護士
下田敦子
北村敏子
長岡玲子
河本和子(答)

107DNgtqNxGSq
次の文字列を順に選んで
1988年の「新語・流行語大賞」を
「ペレストロイカ」で受賞した
当時のソ連大使の名前にしなさい
ソロビ
エフニ
コラエ
ビッチ
「ソロビエフ・ニコラエビッチ」
引用元: ソロビエフ・ニコラエビッチ 1988「ペレストロイカ」で「新語流行語大賞」を受賞 「自由国民社」長谷川國雄 | わかればいいのに I wish I knew.

セクシャルハラスメント(英語: sexual harassment)とは、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉である。セクシュアルハラスメントともいう。日本では、略してセクハラと言われることもある。
>「セクシャルハラスメント」は1970年代初めにアメリカの女性雑誌『Ms』の編集主幹でラディカル・フェミニストのグロリア・スタイネムらが作り出した造語とされる(裁判所による法律との整理は、1960年代から始まっていると主張する学者もいる[1])。
>1989年8月に福岡県の出版社に勤務していた晴野まゆみが上司を相手取りセクハラを理由とした日本初の民事裁判を起こした。職場を舞台にした上司と部下との間で起きた事件ということで普遍性があり、これまで日本の職場でセクハラと意識されず、何気なく行われて来た女性に対する行為や発言がセクハラになるのかといった身近な話題となり、テレビや雑誌で盛んに扱われた。こうして、1989年の新語・流行語大賞の新語部門・金賞を「セクシャルハラスメント」が受賞。授賞式で表彰されたのは、2年前の1987年に裁判を終えている西船橋駅ホーム転落死事件の弁護士だった。これは1989年の流行語のきっかけとなった福岡県のセクハラ訴訟が当時は係争中で決着していなかったためである(民事裁判は1992年に原告である晴野側の全面勝訴によって決着した)。
引用元: セクシャルハラスメント – Wikipedia.

第6回〔1989(昭和64/平成元)年〕

1989 新語部門・金賞
セクシャル・ハラスメント
受賞者:河本和子(弁護士)

欧米ではすでに社会問題化していた「セクシャルハラスメント」だが、日本では“西船橋駅転落事件”の判決が出たこの年、一気にスポットライトを浴びた。この事件は、酒に酔った男性がしつこく女性にからみ、避けようとした女性がはずみで酔漢を転落死させてしまったものだが、その酔漢には、そして多くの男性の中にも、抜き難い“女性軽視”の発想があることが判決で指摘された。日本で初のセクシャルハラスメント裁判と言われ、河本は弁護人として活躍した。
引用元: .