経産大臣指定「伝統工芸品」品目順 「織物」「木工品・竹工品」「漆器」「金工品」「染色品」

011GYMTZcNWPm

次の伝統工芸の業種を
経済産業大臣による「伝統
工芸品」の指定を受けている
品目数が多い順に選びなさい
織物 36
木工品・竹工品 31
漆器 23
金工品 14
染色品 11
35%

経済産業大臣指定伝統的工芸品(けいざいさんぎょうだいじんしていでんとうてきこうげいひん)は、伝統的工芸品産業の振興に関する法律(昭和49年5月25日、法律第57号)に基づいて経済産業大臣により指定された日本の伝統工芸品を指す。
>行政用語では伝統的工芸品と呼ばれ、次の要件によって指定される。
工芸品であること。
主として日常生活の用に供されているもの。
製造過程の主要部分が手工業的であるもの。
伝統的技術または技法によって製造されるもの。
伝統的に使用されてきた原材料を使用していること。
一定の地域で産地形成されていること。
経済産業大臣が指定する伝統的工芸品の品目数は、2014年(平成26年)11月26日時点で219点を数え[1]、分野ごと(業種別)の内訳は以下のとおりである[2]。
織物 (36)
染色品 (11)
その他繊維品 (4)
陶磁器 (31)
漆器 (23)
木工品・竹工品 (31)
金工品 (14)
仏壇・仏具 (16)
和紙 (9)
文具 (9)
石工品 (4)
貴石細工 (2)
人形・こけし (8)
その他工芸品 (18)
工芸材料・工芸用具 (3)
引用元: 経済産業大臣指定伝統的工芸品 – Wikipedia.