アンダー「パス」 立体交差で掘り下げ式になっている下の道路 くぐり抜け式道路

001RmMiqrBXdB
大雨による冠水の被害が多い
立体交差で、掘り下げ式による
下の道路をアンダー◯◯という?
◯を答えなさい
パス(答)
「アンダーパス」

640px-Centralpark_20040520_121402_1.1504
Nineteenth century pedestrian underpass in New York’s Central Park.
引用元: File:Centralpark 20040520 121402 1.1504.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia.

デジタル大辞泉の解説
アンダーパス(underpass)

1 立体交差で、掘り下げ式になっている下の道路。くぐり抜け式通路。⇔オーバーパス。
2 鉄道や道路の下を通る地下道。
引用元: アンダーパス(アンダーパス)とは – コトバンク.

立体交差(りったいこうさ、本来の用字は「立体交叉」)とは、物体が移動するにあたって複数の道筋が異なる平面上で交差(交叉)することを言う。建築や交通分野の用語としては、道筋の実際は基本的に路線や水路であり、立体交差する状況や施設を指して言う。
鉄道路線や道路では多くの実例を挙げられるが、ローマ水道に代表される水路の立体交差も古今に多くの例を見出せる。また、人間と野生動物の生活上の道筋が交差する不都合を避ける目的で立体化する設備・施設(後述)も定義から外れない。
>平面交差に比べ、一方の路線を通行する車両がもう一方の通行を妨げないため、路線の容量の増加、渋滞の解消、交通事故の防止などに役立つ。ある道路ないし線路に対し、高架橋で通過する構造をオーバーパス、地下道で通過する構造をアンダーパスといい、日本では時に立体交差式地下道の名称にこれを略した「アンパス」の語が用いられる。
なお、用水路と河川など、水路同士が立体交差している場合もある。
引用元: 立体交差 – Wikipedia.