「ニック・リーソン」 ベアリングス銀行を破綻させた元トレーダー 

093TyuNqQoTmH
1995年にデリバティブ取引の
失敗で、イギリスの投資銀行
ベアリングス銀行を破綻させた
シンガポール支店の社員は?
ー・リソッニンク
ニック・リーソン(答)
Nick Leeson

ニック・リーソン(Nick Leeson、1967年2月25日 – )はイギリス人元銀行員。ベアリングス銀行を破産させたトレーダーとして知られる。
>リーソンはシンガポール国際金融取引所(SIMEX)におけるベアリングズの先物取引部門責任者に抜擢され、学閥や家柄に関係なく実力でのし上がれるアジア市場に夢を見出した。シンガポールに赴任して1年経つ頃には日経平均と日本国債のデリバティブ取引を中心に、1,000万ポンド以上、ベアリングズ銀行の利益の一割を稼ぎ出すまでになっていた。しかしこのときすでに、部下の注文ミスなどを不正処理して、架空取引口座(Error Account)88888番に入金し、それを隠蔽するために内規で禁じられていた自己売買を繰り返し、かえって損失を増大させていった。
>ついに辞表を提出しシンガポールからボルネオに逃亡。事件が明るみに出てみると、損失は約8.6億ポンド(約1,380億円)、当時のベアリングス銀行の自己資本金を超過する莫大な額に膨れ上がっていた。関係者は善後策を協議するものの、ベアリングズ銀行の建て玉の引き受け手はなく、週明け2月27日イングランド銀行はベアリングス銀行の再建断念を発表した。
引用元: ニック・リーソン – Wikipedia.

Nicholas William “Nick” Leeson[2] (born 25 February 1967) is a former derivatives broker whose fraudulent, unauthorised speculative trading caused the spectacular collapse of Barings Bank, the United Kingdom’s oldest investment bank, for which he was sentenced to prison.[3] Since leaving prison in 1999 he became, and subsequently resigned as, the CEO of Irish football club Galway United, and is active on the keynote and after-dinner speaking circuit where he advises companies about risk and corporate responsibility.[4]
引用元: Nick Leeson – Wikipedia, the free encyclopedia.

マネートレーダーギンコウホウカイ シンチョウブンコ
新潮文庫
マネートレーダー銀行崩壊
原書:ROGUE TRADER(Leeson,Nick)
>28歳の青年トレーダーは、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。
豪華な住まい、破格のボーナス、美しい妻。
だが、ふとした損失を補填したことを契機に、彼は隠蔽を重ね、一挙に転落してゆく。
1995年2月、このたった一人の男のために、英国最古のマーチャント・バンクは一夜にして崩壊した。
小説を凌駕するスリルに満ちた、稀代の犯罪者の獄中手記。
引用元: BookWebPro 和書検索.