『「チチェン」・イッツァ』マヤ文明の遺跡 ククルカンの神殿「カスティーヨ」

020gBHVxJWNea
メキシコ・ユカタン半島北部に
あって数多くの観光客を集める
マヤ文明の遺跡は
◯◯◯◯・イッツァ?
ンカテチル
ラサェトコ
チチェン(答)
「チチェン・イッツァ」

320px-Chichen-Itza-Castillo-Seen-From-East
引用元: ファイル:Chichen-Itza-Castillo-Seen-From-East.JPG – Wikipedia.

CIMG4382
次のメキシコの古代遺跡の
写真と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A 1つの階段通路、白いピラミッド(パカル王の墓)───パレンケ
B 茶色の山のような画像(太陽のピラミッド)───テオティワカン
C 2つの階段通路、茶色のピラミッド(ククルカンの神殿)───チチェン・イッツァ
引用元: 「カンクン」メキシコ東部のリゾート地 マヤ語「ヘビの巣」 メソアメリカ文明「オルメカ文明」「テオティワカン文明」「アステカ文明」「トルテカ文明」「マヤ文明」 | わかればいいのに I wish I knew.

チチェン・イッツァ(スペイン語: Chichén Itzá)は1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡。
>カスティーヨ[編集]
マヤの最高神ククルカン(羽毛のあるヘビの姿の神。ケツァルコアトルのマヤ語名)を祀るピラミッド。基底55.3メートル四方、高さ24メートル(頂上の神殿部分は6メートル)。通称の「カスティーヨ」はスペイン語で城塞の意。「ククルカンのピラミッド」、「ククルカンの神殿」とも呼ばれる。
引用元: チチェン・イッツァ – Wikipedia.

マヤ・・・・・ユカタン半島
インカ・・・・チリ、アルゼンチン、ペルーあたり
アステカ・・・いまのメキシコのあたり
アステカ・マヤ・インカ
引用元: 【世界史】古代アメリカ。アステカ、インカ、マヤ文明まとめ – NAVER まとめ.