「CELAC」中南米 カリブ海諸国共同体「Comunidad de Estados Latinoamericanos y Caribeños」 

355cgoBRaLDjJ
2011年12月に中南米の33カ国に
よって設立された「中南米
カリブ海諸国共同体」の略称は?
LCCEA
CELAC(答)

045ZvBMrukCxZ
1981年に設立された
東カリブ諸国機構の略称
OECS
Organisation of Eastern Caribbean States
引用元: 「OECS」東カリブ諸国機構 Organization of Eastern Caribbean States; OECS アンゴラ「OPEC」最後の加盟国 「CERN」欧州原子核研究機構「JOGMEG」石油天然ガス・金属鉱物資源機構 「クランク機構」往復運動を回転運動に変換「ジェネバ機構」連続回転を断続回転に | わかればいいのに I wish I knew.

Community of Latin American and Caribbean States
(Spanish: Comunidad de Estados Latinoamericanos y Caribeños, CELAC; Portuguese: Comunidade de Estados Latino-Americanos e Caribenhos; French: Communauté des États Latino-Américains et Caribéens)

ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(ラテンアメリカ・カリブしょこくきょうどうたい、CELAC)は、ラテンアメリカに所在する諸国家の共同体。
ラ米・カリブ首脳会議が前身。2011年12月2日、ベネズエラのカラカスで首脳会合を開いて、正式に発足した[1]。
「中南米―」とも表記される[2]。
引用元: ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体 – Wikipedia.

CELAC is an example of a decade-long push for deeper integration within the Americas.[8] CELAC is being created to deepen Latin American integration and to reduce the once overwhelming influence of the United States on the politics and economics of Latin America. It is seen as an alternative to the Organization of American States (OAS), the regional body organised largely by Washington in 1948, ostensibly as a countermeasure to potential Soviet influence in the region.[8][9][10]
引用元: Community of Latin American and Caribbean States – Wikipedia, the free encyclopedia.

1.概要

(1)全ての中南米諸国(ラテンアメリカ・カリブ諸国)33か国が参加し,2011年12月に発足した組織。将来的な中南米統合を長期的な目標に掲げている。

(2)1980年代からの中南米諸国の協議組織であった「リオグループ」(RG)がその前身。中南米の問題は中南米で解決するという観点から,米州機構(OAS)と異なり米国やカナダはメンバーではない。

(3)年に1回首脳会合が開催される予定であり,現在の議長国はチリ,その後,議長国はキューバ(2013),コスタリカ(2014)と移っていく予定。
引用元: 外務省: ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(CELAC)概要.