岩国市「錦帯橋」

133gFRRMAJvxj
この橋がかかる山口県の都市は?
(画像出題 錦帯橋)
いわくにし(答)
いわくに(答)
「岩国市」

0a9af2359008afddb7e6e1cfccf02a5e_s
錦帯橋と城山【晴天】
引用元: 錦帯橋と城山【晴天】|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK.

錦帯橋(きんたいきょう)は、山口県岩国市の錦川に架橋された木造のアーチ橋である。
>日本三名橋や日本三大奇橋に数えられており、名勝に指定されている。藩政史料には大橋と表記されることが多く、「錦帯」という美名は完成後に定着した説が有力とされている。文書による初出は宇都宮遯庵の記述した文書内である。
5連のアーチからなるこの橋は、全長193.3メートル、幅員5.0メートルで、継手や仕口といった組木の技術によって造られている。しかし、美しいアーチ形状は、木だけでなく、鉄(鋼)の有効活用がなされて初めて実現したものである。杭州の西湖にある堤に架かる連なった橋からヒントを得て1673年に創建された。西湖の錦帯橋とは2004年に姉妹橋となっている。現在そのほとりには錦帯橋友好の石碑が建立されている。
引用元: 錦帯橋 – Wikipedia.

きんたいきょう【錦帯橋】

山口県岩国市の錦川にかかる木橋。〈きんたいばし〉とも呼ばれる。太鼓橋の形をした5連の桁のうち,中央の3連は世界でも珍しい木造アーチ橋である。両端の各1連は桁橋であるが,これも中央に合わせた形としている。周囲の環境に調和した姿の美しさと優れた技術のゆえに日本の古橋中屈指の名橋とされ,またその形,構造の珍しさから,甲斐の猿橋,越中の愛本橋と並んで,古くは日本三奇橋の一つといわれた。橋の全長は約200m,木造アーチの支間長はおのおの35.1mで,1673年(延宝1)岩国藩主吉川広嘉の命によって建設された。
引用元: 錦帯橋(きんたいばし)とは – コトバンク.