1990年代の出来事「関西国際空港が開港」「山一證券破綻」2000年代「東国原英夫が宮崎県知事」「拉致被害者5人が帰国」「ライブドアショック」 レンゾ・ピアノ「関西国際空港ターミナルビル」 岸昌(きしさかえ)関空開港を推進した大阪府知事

059afBHrmGWhv
次の日本の出来事を
起きた年代ごとに
グループ分けしなさい
【1990年代】関西国際空港が開港、山一證券が破綻
【2000年代】東国原英夫が宮崎県知事に、拉致被害者5名が帰国、ライブドアショック

791BvHtSgRjnt
この旅客ターミナルビルの設計を
レンゾ・ピアノが担当したのは?
関西国際空港(答)
中部国際空港
東京国際空港
成田国際空港

1215GwgorTnMfr
関西国際空港建設に尽力し、「空港
知事」と呼ばれた元・大阪府知事
岸昌
きしさかえ(答)

東国原 英夫(ひがしこくばる ひでお、1957年9月16日 – )は、宮崎県都城市出身の政治家、タレント。元衆議院議員(1期)。第17代宮崎県知事。
かつてお笑い芸人であり、ビートたけし率いる芸人集団・たけし軍団の一員でビートたけしの最初の弟子。俳優、作家としての活動歴がある。タレント時代は「そのまんま東」(そのまんま ひがし)や「東英夫」(ひがし ひでお)という芸名で活動していた。
専修大学経済学部経済学科卒業、早稲田大学第二文学部社会人間系専修卒業、早稲田大学政治経済学部政治学科中退。
>2007年(平成19年)1月21日 – 第17回宮崎県知事選挙(無所属)当選。有効票数は266,807票。
引用元: 東国原英夫 – Wikipedia.

北朝鮮による日本人拉致事件(きたちょうせんによるにほんじんらちじけん)は、1970年代から1980年代にかけて、北朝鮮 の工作員や土台人、よど号グループなどにより、多数の日本人が極秘裏に北朝鮮に拉致された国際犯罪事件。日本では国民の生命と安全に大きな脅威をもたらすテロとされている[1]。北朝鮮は長年事件への関与を否定してきたが、2002年平壌で行われた日朝首脳会談で日本人の拉致を認め、謝罪し、再発の防止を約束した。しかしこのことに対する賠償などはおこなわれていない。
日本政府が認定した拉致事案は12件、拉致被害者は17人[2]。 北朝鮮政府側はこのうち13人(男性6人、女性7人)について拉致を公式に認めており、5人が日本に帰国しているが、残り12人については「8人死亡、4人は入境せず」と主張している[3]。日本政府は「全員が生存しているとの前提で対処する」との立場をとっている。
>5人の帰国[編集]
その後の交渉で、北朝鮮が生存していたとした5人の拉致被害生存者については、一時帰国を条件に2002年10月15日に帰国が実現した。交渉は外務省アジア大洋州局長の田中均(当時)と国家安全保衛部第一副部長の金詰(キム・チョル)という偽名を名乗る人物(正体は副部長の柳京(リュ・ギョン)[52])の間で行われた。田中局長は「生きている拉致被害者を4人から5人程度出せばいい」と提案、北朝鮮側が了承し、5人の一時帰国が実現した。
引用元: 北朝鮮による日本人拉致問題 – Wikipedia.

関西国際空港(かんさいこくさいくうこう、英: Kansai International Airport)は、大阪府泉佐野市・泉南郡田尻町・泉南市にまたがる会社管理空港である。完全24時間運用可能な国際空港である。近隣の大阪国際空港(伊丹空港)・神戸空港とともに関西三空港のひとつである。
>大阪湾内泉州沖5 kmの人工島に作られた海上空港で、1994年9月4日に開港。空港所在地名は、泉佐野市泉州空港北・泉南郡田尻町泉州空港中・泉南市泉州空港南である[注 2]。空港島内の住所の表示においては、立地する市町の区分にあわせて「泉州空港」が地理的位置を示す語(北・中・南)とあわせて用いられている。
関西国際空港の特徴である「すべてが人工島からなる海上空港[注 3]」および「旅客・航空貨物の両方の24時間運用[注 4]」の2点は、いずれも日本初である。
引用元: 関西国際空港 – Wikipedia.

山一證券株式会社(やまいちしょうけん、英:Yamaichi Securities Co., Ltd.)は、かつて存在した日本の証券会社である。
野村證券、大和證券、日興證券とともに日本の「四大証券会社」の一角にあったが、不正会計(損失隠し)事件後の経営破綻によって1997年(平成9年)に廃業した。
>11月24日は月曜日だったが、勤労感謝の日の振替休日で休業日だった。午前6時から臨時取締役会が開かれ、自主廃業に向けた営業停止が正式に決議された。午前11時30分には社長の野澤、会長の五月女、顧問弁護士の相澤光江が東京証券取引所で記者会見に臨んだ。記者会見で野澤は「社員は悪くありませんから」と泣きながら発言し、その様子は当時のマスコミによって大々的に報じられた。
引用元: 山一證券 – Wikipedia.

ライブドア・ショックは、2006年1月16日、証券取引法違反容疑で、東京地検特捜部がライブドア(現:LDH)本社などに強制捜査を行い、これを受け翌1月17日から始まった「株式市場の暴落」のこと。
なお、この用語は一般的に、ライブドア関連銘柄の暴落だけを指すのではなく、「株式市場全体の急落」を指すことが多い。一部の報道機関では、ライブドアが起こした一連の事件すべてを「ライブドア・ショック」と呼んでいるが、ここでは「株式市場全体の急落」を取り上げるものとする。
>2006年1月16日に証券取引法違反の容疑により、ライブドア本社や堀江貴文の自宅・新宿の事業所などが突如東京地検による家宅捜査を受けた。翌1月17日、ライブドア関連7銘柄(ライブドア、ライブドアマーケティング、セシール、ターボリナックス、ダイナシティ、メディアエクスチェンジ、ライブドアオート)は朝方から大量の売り注文によるストップ安気配となり(セシール、ターボ、ダイナ、LDオートはS安比例配分、他は値付かず)、とくに時価総額の約1割をライブドア株が占めていた東証マザーズ市場の株価は終値で前日比-11.7%と大幅に下落した。
引用元: ライブドア・ショック – Wikipedia.