「ビスマーク」ノースダコタ州「ピア」サウスダコタ州「チャールストン」ウエストバージニア「バトンルージュ」ニューオーリンズ州「ジュノー」アラスカ州「デモイン」アイオワ州「ボイシ」アイダホ州

030KLMwleM
次のアメリカの州と州都の
正しい組み合わせを選びなさい
ノースダコタ州───ビスマーク
サウスダコタ州───ピア
ウエストバージニア州───チャールストン
38%

058BccWxEiEhd
アメリカ、ルイジアナ州の州都は
ニューオーリンズである
×(答)
バトンルージュ

CIMG2527
CIMG2528
アメリカの州で
州都をジュノーに置くのは
アラスカ州ですが

州都をデモインに置くのは
◯◯◯◯州?
アイオワ(答)

アメリカ合衆国の首都の一覧では、合衆国、各州および各海外領土の過去および現在の首都、州都を一覧で示す。
ワシントンD.C.は1800年以降アメリカ合衆国の首都となってきた。これ以外に議会の集会場所となり、それ故に首都と考えられた都市は8つある。さらに50州や幾つかの海外領土はそれぞれ首都を維持している。
引用元:アメリカ合衆国の首都の一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%A6%96%E9%83%BD%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

ビスマーク(英: Bismarck)は、アメリカ合衆国ノースダコタ州中央部に位置する同州の州都。ファーゴに次ぐ同州第2の都市であり、州中央部の商業・医療の中心地である。市名はドイツ宰相オットー・フォン・ビスマルクにちなんでいる。人口は55,532人(2000年国勢調査)。ミズーリ川の対岸、西郊にはマンダン市が位置する。
ビスマークはルイス・クラーク探検隊の北西部開拓ルートの中間点にあたる。そのため同市には同探検隊にまつわる史跡や博物館が多い。市内に公園が多く、周辺には小麦畑や原野が広がる、落ち着いた都市である。
引用元:ビスマーク (ノースダコタ州) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF_(%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%80%E3%82%B3%E3%82%BF%E5%B7%9E)

ピア(Pierre)は、アメリカ合衆国サウスダコタ州中央部に位置する同州の州都。人口は13,876人(2000年国勢調査)。1880年にミズーリ川の河岸、ピア砦の対岸に都市を創設。1889年にサウスダコタ州が連邦40番目の州として昇格すると、同市が州都と定められ、現在に至る。
ピア市の上流約10kmほどに、ミズーリ川をせきとめた人造湖、オアヘ湖(Lake Oahe)のダムサイトがある。オアヘ湖は南北約372kmにわたり、その一部がノースダコタ州の州域にまたがる広大な湖である。周辺は釣りのメッカになっている。
引用元:ピア (サウスダコタ州) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2_(%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%80%E3%82%B3%E3%82%BF%E5%B7%9E)

チャールストン(Charleston)は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州の州都。同州の最大都市である。同市はアパラチア山脈の西縁、カナワ川とエルク川の合流点に位置する(カナワ川はオハイオ川に合流する)。人口は2000年の国勢調査で53,421人。初めは製塩業(岩塩)や天然ガスが市の産業を支えていた。のちに石炭が見つかり、市および周辺の主要産業となった。市の歴史は古く、1788年に創設、1794年に正式な町となった。
引用元:チャールストン (ウェストバージニア州) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3_(%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%B7%9E)

ニューオーリンズ(英語: New Orleans、フランス語: La Nouvelle-Orléans)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州南部にある同州最大の都市。
メキシコ湾に面し、ミシシッピ川の河口に位置する重要な港湾都市で、元来は穀物・綿花等、ミシシッピ川流域の農産物の輸出港として発展し、のちには工業都市・観光都市としても発展した。英語名New Orleans(英語発音: [njuː ˈɔːrliənz])およびフランス語名La Nouvelle-Orléans(フランス語発音: [lanuvɛlɔrleɑ̃] )は、「新オルレアン」という意味でルイ15世の摂政オルレアン公フィリップ2世に因む。かつてはフランス領ルイジアナの首府であり、市内のフレンチ・クオーターと呼ばれる地区には、今なおフランス植民地帝国時代の雰囲気を残している。
引用元: ニューオーリンズ – Wikipedia.