「梅の花びら」5枚 「黄梅の雨」梅雨 梅の異名「初名草」「好文木」「花の兄」

003peiGXEiYtR
梅の花びらの数は5枚である

111wyKRruo

次のうち、「梅」の異名として使われる言葉を全て選びなさい
花の兄(答)
好文木(答)こうぶんぼく
初名草(答)はつなぐさ
花の弟 菊
雪割草 ユキワリソウ
45%

CIMG0418yCdtMbajORqn
次のうち
「梅雨(つゆ)」の意味で
用いる言葉はどれ?
紅梅の雨
青梅の雨
黒梅の雨
黄梅の雨(答)
白梅の雨

CIMG3727
県の魚はヒラメ
県の花はバラ
県の鳥はヒバリ
県の木はウメ
茨城県(答)
秋田県
島根県
岐阜県

ウメ(梅、学名:Prunus mume、英:Japanese apricot[1])は、バラ科サクラ属の落葉高木、またはその果実のこと。花芽はモモと異なり、一節につき1個となるため、モモに比べ、開花時の華やかな印象は薄い。毎年2月から4月に5枚の花弁のある1センチメートルから3センチメートルほどの花を葉に先立って咲かせる。花の色は白、またはピンクから赤。葉は互生で先がとがった卵形で、周囲が鋸歯状。
>別名に好文木(こうぶんぼく)、春告草(はるつげぐさ)、木の花(このはな)、初名草(はつなぐさ)、香散見草(かざみぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)、匂草(においぐさ)などがある。
引用元: ウメ – Wikipedia.