「ウォーレス線」ロンボク海峡からミンダナオ島 同一区域だが地質変動で分断され生物相が異なる 「新ウォーレス線」生物分布境界線 メリルの植物相研究から オーストラリア区と東洋区間

277YOeuxLy
生物分布の境界線のひとつ
イギリスの博物学者にちなむ
ロンボク海峡からミンダナオ島
東洋区とオーストラリア区
新ウォーレス線
ウォーレス線(答)
ウェーバー線
ブラキストン線

ilJAGbc
引用元:第1回 人類進化の「常識」を覆した“小さな巨人”、フローレス原人 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20130529/352350/?P=4

106WmeluaTAJq
生物分布の境界線のひとつ
イギリスの博物学者にちなむ
メリルの植物相の研究に基づく
フィリピンをオーストラリア区へ
ブラキストン線
新ウォーレス線(答)
ウォーレス線
ウェーバー線

hVFTNxp
引用元:日本・北米・ハワイの外来昆虫リストを比較-地域ごとの外来昆虫相の特徴が明らかに- (プレスリリース 2015年8月7日) http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/press/150807/

138xOjhoNfJTP
次の生物地理区を
範囲の面積が大きい順に
選びなさい
エチオピア区
オーストラリア区
オセアニア区


生物分布の境界線のひとつ
日本の動物学者にちなむ
両生類、爬虫類等の分布から提唱
宗谷海峡上に引かれる
宮部線
蜂須賀線
三宅線
八田線(答)
引用元: 生物分布境界線と発見者 八田線「八田三郎」宗谷海峡・両生類、爬虫類 宮部線「宮部金吾」ウルップ島択捉島・植物の分布境界線 ブラキストン線「T.W.ブラキストン」津軽海峡・ニホンザルの北限 三宅線「三宅恒方」大隅海峡・蝶類 渡瀬線「渡瀬庄三郎」屋久島奄美大島・哺乳類 蜂須賀線「蜂須賀正氏」宮古島石垣島・鳥類 | わかればいいのに I wish I knew.


生物分布の境界線のひとつ
日本の植物学者にちなむ
トドマツ、エゾマツなどの境界
得撫島と択捉島の間
三宅線
渡瀬線
宮部線(答)
蜂須賀線

『種の起源』が刊行されたころ、ウォレスはもう一つの論文を学術誌に掲載してもらおうと、ロンドンに送っていた。タイトルは「マレー諸島の動物地理学について」。この論文で彼は、自身の観察をもとに、マレー諸島のアジア側とオーストラリア側では、動物の分布がはっきり異なるという事実を報告した。
 ボルネオ島とセレベス島の間から、南のバリ島とロンボク島の間へ線を引くと、線の西側には霊長類、食肉類、食虫類、キジ類、キヌバネドリ、ヒヨドリなど、アジアの動物が生息し、東側には大型のオウム、ヒインコ、ヒクイドリ、ツカツクリといった鳥や、クスクスなどの有袋類がすむ。この二つの地域は、気候も生息場所の条件も似通っているのに、そこに生息する動物群ははっきりと異なっているのだ。
 「このような事実は、地球の表面に大きな変化があったことを大胆に受け入れなければ、説明できない」と、ウォレスは書いている。彼が言いたかったのは、神の気まぐれで今のように動物が配置されたわけではなく、歴史、進化、動物の移動、地質学的な変動によって、現在のような分布になったということである。
 8年後、解剖学的研究で知られる生物学者で、ダーウィンの理論の擁護者であったトーマス・H・ハクスレーが、この東西の境界線を「ウォレス線」と名づけると、以後この用語が定着することになった。
引用元:特集:ダーウィンに なれなかった男 2008年12月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JP http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/magazine/0812/feature01/_08.shtml

ウォーレス‐せん【ウォーレス線】

東南アジアのバリ島とロンボク島の間のロンボク海峡、ボルネオとスラウェシ島の間のマカッサル海峡をほぼ南北に通る、生物分布の境界線。西は東洋区、東はオーストラリア区に属す。A=R=ウォーレスが1868年に提唱し、ハクスリーが命名した。その後、ウェーバーやメリルによって訂正された。
引用元:ウォーレス線(ウォーレスセン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B9%E7%B7%9A-438933

アルフレッド・ラッセル・ウォレス(Alfred Russel Wallace, 1823年1月8日 – 1913年11月7日)は、イギリスの博物学者、生物学者、探検家、人類学者、地理学者。アマゾン川とマレー諸島を広範囲に実地探査して、インドネシアの動物の分布を二つの異なった地域に分ける分布境界線、ウォレス線を特定した。そのため時に生物地理学の父と呼ばれることもある。チャールズ・ダーウィンとは別に自身の自然選択を発見した結果、ダーウィンは理論の公表を行った。また自然選択説の共同発見者であると同時に、進化理論の発展のためにいくつか貢献をした19世紀の主要な進化理論家の一人である。その中には自然選択が種分化をどのように促すかというウォレス効果と、警告色の概念が含まれる。
引用元: アルフレッド・ラッセル・ウォレス – Wikipedia.