線と発見者「γ線」ヴィラール「紫外線」リッター「宇宙線」ヘス「赤外線」ハーシェル「α線、β線」ラザフォード

120AIBkMLzyRs
次の「線」と、その発見者の
正しい組み合わせを選びなさい
γ線───ヴィラール
紫外線───リッター
宇宙線───ヘス
赤外線───ハーシェル
α線,β線───ラザフォード
X線───レントゲン

ポール・ヴィラール(Paul Ulrich Villard,1860年9月28日 -1934年1月13日)はフランスの化学者、物理学者である。1900年にウランから放出される放射線の中のガンマ線を発見した。
>放射線に正電荷をもつアルファ線と、負電荷をもつベータ線があって、それらの粒子線の質量と電荷の比などが研究されていた。ヴィラールは放射線の飛跡の写真から、電荷を持たず、透過力の高い3番目の種類の放射線の存在を発見し、1900年に発表した。当時はアルファ線、ベータ線の正体が物理学者たちのもっとも興味のある対象であったため、ヴィラールの発見は注目されなかった。ヴィラール自身もガンマ線の研究を続けなかった。なお、この放射線がガンマ線と名づけられるのは1903年、ラザフォードによってである。
引用元: ポール・ヴィラール – Wikipedia.

ヨハン・ヴィルヘルム・リッター(Johann Wilhelm Ritter, 1776年12月16日 – 1810年1月23日)は、ドイツの物理学者である。
>1800年にウィリアム・ハーシェルが赤外線を発見したのに刺激され、可視光の反対側にも見えない光があると考えて1801年に電気化学的方法で紫外線を発見した。同年にはヨーロッパを訪問していたハンス・クリスティアン・エルステッドと交流し、影響を与えている。
引用元: ヨハン・ヴィルヘルム・リッター – Wikipedia.

ヴィクトール・フランツ・ヘス(Victor Franz Hess、1883年6月24日 – 1964年12月17日)は、オーストリア生まれで、後にアメリカ合衆国に移住した物理学者である。1936年、宇宙線を発見した功績でノーベル物理学賞を受賞した。英語名はヴィクター・フランシス・ヘス(Victor Francis Hess)。
>当時検電器に蓄えられた電荷が自然放電するのは、地球内部からの放射線によるものと考えられていたが、1912年、ヘスらは気球に乗って高度と放射線の強さの関係を測定した。上空に行くほど放射線強度が増加することを見出して、放射線が宇宙起源であることを示した。この功績で1936年のノーベル物理学賞を受賞した。
引用元: ヴィクトール・フランツ・ヘス – Wikipedia.

フレデリック・ウィリアム・ハーシェル(Sir Frederick William Herschel, 1738年11月15日 – 1822年8月25日)は、ドイツのハノーファー出身のイギリスの天文学者・音楽家・望遠鏡製作者。ドイツ語名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヘルシェル(Friedrich Wilhelm Herschel)である。天王星の発見や赤外線放射の発見など、天文学における数多くの業績で知られる。
引用元: ウィリアム・ハーシェル – Wikipedia.

アーネスト・ラザフォード(Ernest Rutherford, 1st Baron Rutherford of Nelson, OM, FRS, 1871年8月30日 – 1937年10月19日)は、ニュージーランド出身、イギリスで活躍した物理学者、化学者。
マイケル・ファラデーと並び称される実験物理学の大家である。α線とβ線の発見、ラザフォード散乱による原子核の発見、原子核の人工変換などの業績により「原子物理学の父」と呼ばれる。
1908年にノーベル化学賞を受賞。また、ラザフォード指導のもとチャドウィックが中性子の発見、コッククロフトとウォルトンが加速器を使った元素変換の研究、エドワード・アップルトンが電離層の研究でノーベル賞を受賞している。後にラザホージウムと元素名にも彼は名を残している。
引用元: アーネスト・ラザフォード – Wikipedia.